裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『力学(三訂版)』 カバー
 
内容見本タイトル
『力学(三訂版)』 内容見本


著作者紹介

原島 鮮
はらしま あきら 
1908年 京城生まれ.東京大学理学部卒業.旧制第一高等学校教授,九州大学教授,東京工業大学教授,国際基督教大学教授,東京女子大学学長などを歴任.1986年歿.主な著書に『基礎物理学 I』『基礎物理学 II』(以上 学術図書出版)『熱力学・統計力学』(培風館)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


電子メール・アイコン

【電子書籍】
力学(三訂版)

東京工業大学名誉教授 理博 原島 鮮 著

希望小売価格(本体2800円+税)/2020年3月電子版発行/eISBN 978-4-7853-7332-0

 初版の刊行以来,多くの大学で教科書として採用され,また一般の読者の方々にも支持され続けている,大ロングセラーの教科書・参考書である.
 運動の法則の基礎と解析力学の展開に特に注意を払いながら,力学を初めて学ぶ人にとって少しでもハードルが低くなるようにと配慮され,懇切丁寧に書かれている.

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております.固定レイアウト型は文字だけを拡大することや,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません.
※この電子書籍は,2018年に刊行された『力学(三訂版)』(第66版8刷)を元に電子書籍化したものです.

サポート情報

“紙”の書籍の紹介ページは→こちら
三訂版刊行にあたって (pdfファイル)   索引 (pdfファイル)
[“紙”の書籍]正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.ベクトル 速度 加速度
2.運動の法則
3.簡単な運動
4.運動方程式の変換
5.力学的エネルギー 面積の原理
6.単振り子の運動と惑星の運動
7.非慣性系に相対的な運動
8.質点系の運動量と角運動量
9.剛体のつりあいと運動
10.仮想変位の原理
11.ダランベールの原理
12.ハミルトンの原理とモーペルチューイの最小作用の原理
13.ラグランジュの運動方程式
14.ハミルトンの正準方程式
15.正準変換

詳細目次  『力学(三訂版)』 目次

三訂版刊行にあたって (pdfファイル)

1.ベクトル 速度 加速度
 1.1 点の位置の表し方
 1.2 ベクトル
 1.3 速度ベクトル
 1.4 加速度ベクトル
 第1章問題

2.運動の法則
 2.1 慣性の法則(運動の第1法則)
 2.2 ガリレイ変換
 2.3 質点の質量
 2.4 力と加速度(運動の第2法則)
 2.5 作用・反作用の法則(運動の第3法則)
 第2章問題

3.簡単な運動
 3.1 落体の運動
 3.2 放物運動
 3.3 単振動
 3.4 減衰振動と強制振動
 3.5 電場,磁場から帯電粒子に働く力
 第3章問題

4.運動方程式の変換
 4.1 運動方程式の接線成分と法線成分
 4.2 運動方程式の動径方向と方位角方向の成分
 第4章問題

5.力学的エネルギー 面積の原理
 5.1 力学的エネルギー保存の法則
 5.2 質点に働く力の行う仕事
 5.3 保存力場
 5.4 中心力
 5.5 ベクトル積とベクトルのモーメント
 5.6 角運動量保存の法則,面積の原理
 第5章問題

6.単振り子の運動と惑星の運動
 6.1 単振り子の運動
 6.2 惑星の運動
 6.3 中心力による運動
 6.4 人工衛星の運動
 6.5 万有引力の法則の精度
 6.6 ラザフォードの散乱公式
 第6章問題

7.非慣性系に相対的な運動
 7.1 ガリレイの変換
 7.2 慣性系に対して加速度を持つが回転していない座標系
 7.3 慣性系に対し一定の角速度を持つ座標系
 7.4 地球表面で観測する運動
 7.5 フーコー振り子
 7.6 ラーマーの歳差運動
 第7章問題

8.質点系の運動量と角運動量
 8.1 運動量と力積
 8.2 運動量保存の法則
 8.3 重心の運動の保存の法則
 8.4 角運動量保存の法則
 8.5 重心のまわりの角運動量
 8.6 質点系のエネルギー
 8.7 二体問題
 第8章問題

9.剛体のつりあいと運動
 9.1 剛体のつりあい
 9.2 固定軸を持つ剛体の運動
 9.3 剛体の慣性モーメント
 9.4 剛体の平面運動
 9.5 撃力が働く場合
 9.6 慣性楕円体
 9.7 固定点を持つ剛体の運動
 9.8 オイラーの運動方程式,運動エネルギー
 9.9 ポアンソーによる幾何学的解釈
 9.10 外力を受けない対称的な剛体
 9.11 こまの運動
 第9章問題

10.仮想変位の原理
 10.1 仮想変位
 10.2 仮想変位の原理
 10.3 つりあいの安定と不安定
 10.4 変分法
 第10章問題

11.ダランベールの原理
 11.1 ダランベールの原理
 第11章問題

12.ハミルトンの原理とモーペルチューイの最小作用の原理
 12.1 ハミルトンの原理
 12.2 モーペルチューイの最小作用の原理
 第12章問題

13.ラグランジュの運動方程式
 13.1 一般化された座標とラグランジュの運動方程式
 13.2 質点系の振動
 13.3 定常運動付近の運動
 13.4 束縛条件が時間による場合のラグランジュの運動方程式
 13.5 速度によるポテンシャルを持つときのラグランジュの運動方程式
 13.6 ラグランジュの方程式の別の導き方
 第13章問題

14.ハミルトンの正準方程式
 14.1 正準方程式
 14.2 ハミルトニアンの形
 第14章問題

15.正準変換
 15.1 正準変換
 15.2 ハミルトン−ヤコビの偏微分方程式
 15.3 正準変数としてのエネルギーと時間
 15.4 正準変換の不変量 ポアッソンの括弧式
 第15章問題

問題解答指針
索引 (pdfファイル)

電子書籍の購入ページへ
Amazon Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
KADOKAWA BOOK☆WALKER
BookLive!
紀伊國屋 kinoppy
オムニ7
Reader Store
ひかりTVブック
honto
eBookJapan
dブック
どこでも読書
いつでも書店
COCORO BOOKS



この著作者の本
『質点の力学(改訂版)』
質点の力学
(改訂版)


『質点系・剛体の力学(改訂版)』
質点系・剛体の力学
(改訂版)


『初等量子力学(改訂版)』
初等量子力学(改訂版)


『熱学演習 −熱力学』
熱学演習 −熱力学


関連書籍
『力学 物理学[分冊版]』
力 学
物理学[分冊版]


『物理学講義<BR>力学』
物理学講義
力学


『大学生のための 力学入門』
大学生のための
力学入門


『講義がわかる 力学』
講義がわかる 力学



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:力学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.