裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『健康寿命を延ばそう! 機能性脂肪酸入門』 カバー
 
内容見本タイトル
『健康寿命を延ばそう! 機能性脂肪酸入門』 内容見本


著作者紹介

彼谷 邦光
かや くにみつ 
1944年 富山県に生まれる.東北大学農学部卒業,東北大学大学院農学研究科博士課程修了.富山県衛生研究所,国立環境研究所 環境研究基盤技術ラボラトリー長,東北大学教授,筑波大学教授などを歴任.主な著書に『アオコ』(分担執筆,東京大学出版会),『藻類ハンドブック』(共同編集,エヌ・ティー・エス)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


電子メール・アイコン

【電子書籍】
健康寿命を延ばそう! 機能性脂肪酸入門
−アルツハイマー症、がん、糖尿病、記憶力回復への効果−
Functional Fatty Acids

(株)シー・アクト 生物活性物質研究所所長 農博 彼谷邦光 著

希望小売価格(本体2300円+税)/2017年5月電子版発行/eISBN 978-4-7853-7516-4

 DHAやEPA,アラキドン酸などの脂肪酸は,健康の維持や老化防止にどう役立つのか.巷でまことしやかに喧伝される効果のうち,何が本当で,何が誇大広告なのか.
 科学的に実証されたデータだけを元に,脂肪酸の生成・代謝とその機能性を,“なぜ脂肪酸が効くのか,体の中で何が起きているのか”という視点からわかりやすく解説した.

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております.固定レイアウト型は文字だけを拡大することや,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません.
※この電子書籍は,2017年に刊行された『健康寿命を延ばそう! 機能性脂肪酸入門』(第1版1刷)を元に電子書籍化したものです.


サポート情報

“紙”の書籍の紹介ページは→こちら
はじめに (pdfファイル) 索引 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.脂肪酸の生成と代謝
2.奇数脂肪酸の生成と代謝
3.DHAの生成と代謝
4.中鎖脂肪酸
5.アラキドン酸
6.ヒドロキシモノエン酸およびモノエポキシポリエン酸
7.トランス脂肪酸
8.脂肪酸が関与する疾病の軽減・予防のメカニズム
9.機能性脂肪酸を生産する生物資源

詳細目次  →『健康寿命を延ばそう! 機能性脂肪酸入門』 目次

はじめに(pdfファイル)

1.脂肪酸の生成と代謝
 1.1 脂肪酸の種類
  1.1.1 一般的な脂肪酸
  1.1.2 不飽和脂肪酸の命名法
  1.1.3 モノエン酸(不飽和脂肪酸の種類(1))
  1.1.4 ω3系列、ω6系列(不飽和脂肪酸の種類(2))
  1.1.5 特殊な脂肪酸
  1.1.6 生理活性を持つ不飽和脂肪酸
 1.2 脂肪酸の生合成
  1.2.1 飽和脂肪酸の生合成
  1.2.2 不飽和化
  1.2.3 ヒドロキシ化(水酸化)
 1.3 脂肪酸の代謝
  1.3.1 酸化とエネルギー生産
  1.3.2 ケトン体の生成

2.奇数脂肪酸の生成と代謝
 2.1 生物がつくる奇数脂肪酸
  2.1.1 反芻動物がつくる奇数脂肪酸
  2.1.2 ヒトがつくる奇数脂肪酸
 2.2 奇数脂肪酸による細胞の活性化
  2.2.1 消費反応と補充反応
  2.2.2 奇数脂肪酸の代謝と補充反応
 2.3 偶数脂肪酸と奇数脂肪酸の代謝の違い
 2.4 分枝アミノ酸(BCAA)と奇数脂肪酸
 2.5 ビタミンB12と奇数脂肪酸代謝

3.DHAの生成と代謝
 3.1 DHAの生産者
 3.2 ヒトでつくられるDHAと食生活
 3.3 DHAとアラキドン酸の代謝と脂質メディエーター

4.中鎖脂肪酸
 4.1 中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸
  4.1.1 中鎖脂肪酸の代謝速度と糖尿病
  4.1.2 短鎖脂肪酸
 4.2 中鎖脂肪酸の性質と消化・吸収
  4.2.1 中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸
  4.2.2 代謝
 4.3 中鎖脂肪酸とケトン体
  4.3.1 ケトン体とアルツハイマー症
  4.3.2 ケトン体のミトコンドリア保護機能
  4.3.3 ケトン体による細胞分裂の抑制
 4.4 ケトン体と記憶
  4.4.1 ヒストンのアセチル化と長期記憶
  4.4.2 ヒストンのアセチル化と学習関連遺伝子の発現
  4.4.3 認知障害とケトン食

5.アラキドン酸
 5.1 アラキドン酸の生合成
  5.1.1 アラキドン酸
  5.1.2 不飽和化酵素と必須脂肪酸
 5.2 アラキドン酸カスケード
  5.2.1 アラキドン酸カスケード
  5.2.2 エイコサノイドの特異性と作用
  5.2.3 システイニルロイコトリエン
  5.2.4 ブラジキニン
 5.3 エイコサノイドの受容体
  5.3.1 PGの受容体
  5.3.2 LTの受容体
 5.4 プロスタグランジン、ロイコトリエンと拮抗剤
  5.4.1 COX1とCOX2
  5.4.2 NSAIDsとステロイド剤
  5.4.3 アスピリン
  5.4.4 ロイコトリエンの拮抗剤

6.ヒドロキシモノエン酸およびモノエポキシポリエン酸
 6.1 ヒドロキシモノエン酸
  6.1.1 ロイヤルゼリー酸
  6.1.2 リシノール酸
  6.1.3 ヒドロキシ脂肪酸
 6.2 モノエポキシポリエン酸

7.トランス脂肪酸
 7.1 トランス脂肪酸の生成
  7.1.1 トランス脂肪酸の種類と定義
  7.1.2 食品製造工程由来
  7.1.3 反芻動物由来
  7.1.4 その他、植物のトランス脂肪酸
 7.2 トランス脂肪酸の有害性
  7.2.1 トランス脂肪酸とシス脂肪酸の違い
  7.2.2 トランス脂肪酸と疾患
  7.2.3 トランス脂肪酸とコレステロール
 7.3 日本人のトランス脂肪酸摂取量の推定
 7.4 トランス脂肪酸の代謝
 7.5 トランス脂肪酸に関する諸外国の動向
  7.5.1 欧州食品安全機関(EFSA)
  7.5.2 デンマーク
  7.5.3 フランス
  7.5.4 アメリカ

8.脂肪酸が関与する疾病の軽減・予防のメカニズム
 8.1 アルツハイマー症を軽減・予防する脂肪酸
  8.1.1 アルツハイマー症と脳のエネルギー代謝
  8.1.2 アルツハイマー症を軽減する奇数脂肪酸と奇数鎖ケトン体
  8.1.3 アルツハイマー症とビタミンB12欠乏
  8.1.4 アルツハイマー症治療と中鎖脂肪酸とケトン体
  8.1.5 アルツハイマー症と脳内のDHA、EPA
  8.1.6 食習慣とアルツハイマー症
  8.1.7 アルツハイマー症と長寿遺伝子
 8.2 抗がん作用に関わる脂肪酸代謝
  8.2.1 がん細胞
  8.2.2 奇数脂肪酸による効果
  8.2.3 β-ヒドロキシ酪酸による細胞分裂速度の低下
  8.2.4 DHAとEPAの抗がん作用
 8.3 2型糖尿病の軽減と脂肪酸代謝
  8.3.1 糖尿病
  8.3.2 奇数脂肪酸による効果
  8.3.3 DHAによる効果
 8.4 育毛作用と奇数脂肪酸
 8.5 心臓疾患の症状軽減と奇数脂肪酸
 8.6 アレルギー反応とDHAの代謝
  8.6.1 アレルギー
  8.6.2 DHAによる効果
 8.7 血中コレステロール低下とDHAの関連性
 8.8 循環器系疾患の改善に関わるDHA
  8.8.1 動脈硬化
  8.8.2 DHAによる効果
 8.9 うつ状態を改善するというDHAの効果の信頼性
 8.10 視力回復とDHA

9.機能性脂肪酸を生産する生物資源
 9.1 奇数脂肪酸とDHAの両方をつくる微生物
 9.2 奇数脂肪酸とDHA、EPAの製造工程
 9.3 多様化する機能性脂肪酸の利用
  9.3.1 DHAの利用
  9.3.2 中鎖脂肪酸の利用
  9.3.3 奇数脂肪酸・DHA・中鎖脂肪酸のまとめ

用語説明
引用文献
おわりに
索引 (pdfファイル)

電子書籍の購入ページへ
Amazon Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
KADOKAWA BOOK☆WALKER
BookLive!
紀伊國屋 kinoppy
オムニ7
Reader Store
ひかりTVブック
honto
eBookJapan
dブック
どこでも読書
いつでも書店
COCORO BOOKS




教科書をお探しの先生方へ


化学
生化学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.