裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『香りと暮らし』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 102
香りと暮らし

近畿大学名誉教授 理博 亀岡 弘・
長岡香料株式会社 工博 古川 靖 編著
四六判/226頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1994年7月
ISBN978-4-7853-8602-3 (旧ISBN4-7853-8602-9)

 豊かな生活を育む一助となることを願って執筆された「香り」の解説書.『エッセンシャルオイルの化学』姉妹編.

【目 次】

『香りと暮らし』 カバー
1. 香りと暮らしのかかわり

2. 身近にある植物の香り
 2.1 花の香り
 2.2 葉,茎,材および根部にある香気物質
 2.3 果実の香り
 2.4 種子にも香りがある
 2.5 野菜の香りは千変万化,微量成分が美味しさを誘う

3. 日常用いられる生薬とスパイスの香り
 3.1 お屠蘇の香り
 3.2 生薬の香り
 3.3 スパイス(香辛料)の香り

4. 身近な動物性食品のにおい
 4.1 ミート類のにおいは果たして何か
 4.2 魚介類,エビ,カニ,海藻類にも特有のにおい
 4.3 燻製品のにおいは?

5. 香りの利用,効用
 5.1 フレグランス製品・家庭用品・車用芳香剤
 5.2 医療・農薬・飼料・工業・建材・マスキング用芳香剤
 5.3 フレーバーとその有用性
 5.4 アロマテラピーとポプリ,森林浴に見る香りの効用



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.