裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『行列特論』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA

★上記のリンク先で「在庫切れ」「販売中止」等の場合もございますが、このページの表示が
 「在庫あり」の際は、お近くの書店・大学生協等でお取り寄せができます★


基礎数学選書21
行列特論  【復刊】

東海大学名誉教授  草場公邦 著
A5判/226頁/定価3888円(本体3600円+税8%)/1979年9月
ISBN978-4-7853-1123-0 (旧ISBN4-7853-1123-1) オンデマンド方式による印刷・製本

 本書は,行列または線形代数学に関連のある3つの話題を選んで述べたものである.
 第1章は,19世紀以来知られているメービウスの反転公式を三角行列との関連から見直し,半順序集合上での反転公式に一般化できる様子を解説したものである.第2章は,1972年にガブリエルの発表した定理に,1973年にゲルファント,バーンシュタイン,ポノマリョーフの3人が共同で見事な証明を与えたことについて述べ,第3章はアーノルドの1971年の論文の内容を主体に述べた.
 大体新しい論文を読むには大量の予備知識を必要とするが,本書で扱った論文に関しては予備知識をあまり必要としないことで,面白い内容で新しい興味を持ってもらえるものと期待している.

【目 次】

『行列特論』 カバー
1.メービウスの反転公式と三角行列
 1.1 数列の微分と積分
 1.2 数列の和と三角行列
 1.3 結合行列と半順序集合
  1.3.1 半順序集合
  1.3.2 有限な半順序集合S のグラフ表示
  1.3.3 有限な半順序集合S の整列化
  1.3.4 結合行列と半順序集合の関係
 1.4 半順序集合でのメービウスの反転公式
 1.5 メービウス関数の計算
  1.5.1 グラフとの関係
  1.5.2 2つの半順序集合の積のメービウス関数
 1.6 (N,|)におけるメービウスの反転公式
 1.7 定理6の応用
  1.7.1 オイラーの関数ψn
  1.7.2 1の原始n 乗根とラマヌージャンの和
 1.8 反転公式の解析的表現
  1.8.1 リーマンのゼータ関数
  1.8.2 反転公式とデイリクレ級数
 1.9 素数分布とメービウス関数μn )の関係
 1.10 包除原理
  1.10.1 問題提起
  1.10.2 2Ω のメービウス関数の計算
  1.10.3 包除原理の一般的な表現
 演習問題

2.ガブリエルの定理 −グラフの表現論−
 2.1 標準形のいろいろ
 2.2 ガブリエルの問題
 2.3 グラフと2次形式
 2.4 正定値2次形式βΓ )をもつグラフ
 2.5 いくつかの例
 2.6 表現の直和と直既的表現(Krull-Remak-Schmidtの定理)
 2.7 吸い込みロと湧き出しロ
 2.8 表現の吸い込み化変換と湧き出し化変換
 2.9 吸い込み化変換と湧き出し化変換の双対性
 2.10 中間整理と見通し
 2.11 ワイル変換(2次形式βΓ )とσα± の関係)
 2.12 ルート
 2.13 A 型, 型,E 型のルートの決定
 2.14 コクスタ一変換
 2.15 ガブリエルの定理
 演習問題

3 アーノルドの定理 −行列の連続的標準形−
 3.1 問題の提起
 3.2 ジョルダンの標準形の飛躍現象
 3.3 シルヴェスター族
 3.4 シルヴェスター族の軌跡
 3.5 接空間
 3.6 行列の同値類の接ベクトル空間
 3.7 A の同値類OA の法ベクトル空間
 3.8 一般シルヴェスター族
 演習問題

演習問題略解
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.