裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『微分積分読本』 カバー
 
内容見本タイトル
『微分積分読本』 内容見本


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧



電子メール・アイコン

微分積分読本 −1変数−
Calculus −One Variable−

在庫マーク

カリフォルニア大学名誉教授 Ph.D. 小林昭七 著

A5判/234頁/定価2484円(本体2300円+税8%)/2000年4月発行
ISBN 978-4-7853-1521-4 (旧ISBN 4-7853-1521-0)  C3041

 最近は定理を直観的な説明だけですますことが少なくない.本書は,微積分をすでに一通り学んだ読者を含めて,基本的定理をきちんと理解する必要がでてきた人や,数学的には厳密な本で学んでいるが理解に苦しんでいる人を対象に「微積分を厳密にしかも読みやすく」解説した.
 姉妹書に,2変数と3変数の場合で解説した『続 微分積分読本 −多変数−』がある.

読者対象:大学1年〜


サポート情報

正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.実数と収束
2.関数
3.微分
4.積分

詳細目次  →『微分積分読本』 目次

まえがき (pdfファイル)

1.実数と収束
 1.1 自然数
 1.2 整数
 1.3 有理数
 1.4 実数
 1.5 数列と収束
 1.6 実数の完備性
 1.7 級数

2.関数
 2.1 連続関数
 2.2 三角関数
 2.3 逆三角関数
 2.4 指数関数
 2.5 対数関数
 2.6 双曲線関数
 2.7 複素数
 2.8 代数学の基本定理
 2.9 有理関数の標準形

3.微分
 3.1 直線とその勾配
 3.2 微分
 3.3 微分の基本的性質
 3.4 三角関数の微分
 3.5 指数関数と対数関数の微分
 3.6 定数eについて
 3.7 高次の微分
 3.8 微分とグラフ
 3.9 平均値定理とロピタルの法則
 3.10 テイラー展開

4.積分
 4.1 原始関数(不定積分)
 4.2 部分積分
 4.3 有理関数の積分
 4.4 定積分
 4.5 テイラー展開(積分の形の剰余項)
 4.6 広義の積分
 4.7 関数列の微分と積分
 4.8 関数項級数,べき級数
 4.9 複素べき級数

索引

著作者紹介

小林 昭七
こばやし しょうしち 
1932年 山梨県出身.東京大学理学部卒業.プリンストン高等研究所研究員,マサチューセッツ工科大学研究員,ブリティッシュ・コロンビア大学助教授,カリフォルニア大学バークレー校助教授・副教授・教授などを歴任.2012年逝去.主な著書に『複素幾何』『顔をなくした数学者』(以上 岩波書店),『ユークリッド幾何から現代幾何へ』(日本評論社)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


この著作者の本
『続 微分積分読本』
続 微分積分読本


『円の数学』
円の数学


『曲線と曲面の微分幾何(改訂版)』
曲線と曲面の微分幾何
(改訂版)


『接続の微分幾何とゲージ理論』
接続の微分幾何と
ゲージ理論



教科書をお探しの先生方へ


数学
数学:微分積分学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.