裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『素粒子物理学』 カバー
 
内容見本タイトル
『素粒子物理学』 内容見本


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

裳華房テキストシリーズ‐物理学 
素粒子物理学
Elementary Particle Physics

在庫マーク

筑波大学名誉教授 理博 原 康夫 著

A5判/226頁/定価3024円(本体2800円+税8%)/2003年7月発行
ISBN 978-4-7853-2219-9 (旧ISBN 4-7853-2219-5)  C3042

 本書は,素粒子物理学の入門書である.本書を理解するために必要な予備知識は,力学・電磁気学・量子力学の初等的な知識であり,難しい数式の使用はできる限り避けると共に,おおむね素粒子物理学の発展の歴史に沿って,素粒子の世界の見方と考え方の発展を追うように書かれている.知的好奇心にあふれた多くの方々に素粒子の世界を紹介し,素粒子に親しんでもらいたいという著者の気持ちが込められた一冊である.
 読者対象:大学3年生くらい〜


サポート情報

正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.はじめに
2.素粒子の特徴 −粒子性と波動性−
3.素粒子の世界を探る
4.相対性理論
5.核力とパイ中間子
6.ディラック方程式
7.ニュートリノと弱い相互作用
8.ハドロンとクォーク
9.フェルミオンの世代と混合
10.おわりに

詳細目次  『素粒子物理学』 目次

(pdfファイル)

1.はじめに
 1.1 素粒子物理学の誕生と発展
 1.2 素粒子の分類
 1.3 素粒子の基本的な相互作用
 1.4 素粒子物理学とは

2.素粒子の特徴 −粒子性と波動性−
 2.1 粒子でもあり,波でもある素粒子
 2.2 ミクロな世界の自然法則 −量子力学−
 2.3 スピン
 2.4 多粒子系の量子力学
 2.5 クライン‐ゴルドン方程式
 2.6 遷移確率
 演習問題

3.素粒子の世界を探る
 3.1 素粒子の検出
 3.2 素粒子の加速 −巨大加速器−
 3.3 衝突断面積とルミノシティ
 演習問題

4.相対性理論
 4.1 ローレンツ変換
 4.2 相対論的力学
 4.3 4元ベクトル
 演習問題

5.核力とパイ中間子
 5.1 力の場と粒子 −核力の中間子論−
 5.2 不確定性原理とパイ中間子の質量
 5.3 パイ中間子の発見
 5.4 湯川ポテンシャル
 5.5 アイソスピン
 5.6 素粒子の共鳴現象
 演習問題

6.ディラック方程式
 6.1 ディラック方程式
 6.2 ディラック方程式の解
 6.3 電磁場がある場合のディラック方程式
 6.4 空孔理論と陽電子
 6.5 反陽子と反中性子
 6.6 反粒子
 6.7 空間反転と時間反転
 演習問題

7.ニュートリノと弱い相互作用
 7.1 ベータ崩壊とニュートリノ
 7.2 フェルミ相互作用
 7.3 ニュートリノの検証
 7.4 ミューニュートリノと電子ニュートリノ
 7.5 レプトンとレプトン数
 7.6 パリティの破れ
 7.7 カレント‐カレント相互作用とWボソン
 7.8 中性カレント
 7.9 対称性の自発的な破れと電弱統一模型
 演習問題

8.ハドロンとクォーク
 8.1 奇妙な粒子とストレンジネス(奇妙さ)
 8.2 ハドロンの超多重項
 8.3 ハドロンのクォーク模型
 8.4 クォークのカラー(色)
 8.5 QCD(量子色力学)
 8.6 電子‐核子の大角度非弾性散乱とパートン模型
 8.7 電子‐陽電子衝突
 8.8 重いクォーク −cクォーク,bクォーク,tクォーク−
 8.9 クォークの弱い相互作用
 演習問題

9.フェルミオンの世代と混合
 9.1 標準模型
 9.2 フェルミオンの世代
 9.3 世代の混合とCP不変性の破れ
 9.4 中性K中間子,中性B中間子とCP不変性の破れ
 9.5 大気ニュートリノと太陽ニュートリノ
 9.6 ニュートリノの質量とニュートリノ振動
 演習問題

10.おわりに
 10.1 大統一理論
 10.2 超対称理論

付録
 A. 主な素粒子
 B. 湯川ポテンシャルの導出法
 C. 電磁気力がある場合の解析力学
 D. ゲージ変換とゲージ理論
  D.1 電磁気学のゲージ変換
  D.2 量子電磁気学のゲージ変換
  D.3 荷電粒子の場の位相変換
  D.4 4元電磁ポテンシャルの幾何学的な意味
  D.5 ゲージ原理とゲージ理論

演習問題略解
索引

著作者紹介

原 康夫
はら やすお 
1934年 神奈川県に生まれる.東京大学理学部卒業,東京大学大学院数物系研究科博士課程修了.東京教育大学助手,カリフォルニア工科大学研究員,シカゴ大学研究員,プリンストン高等学術研究所研究員,東京教育大学助教授,筑波大学教授・副学長,帝京平成大学教授などを歴任.主な著書に『素粒子物理学』(共著,朝倉書店),『物理学基礎』(学術図書出版社),『量子力学』(岩波書店)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


この著作者の本
『電磁気学(I)』
電磁気学(I)


『電磁気学(II)』
電磁気学(II)


『現代物理学』
現代物理学


『工科系のための 現代物理学』
工科系のための
現代物理学


関連書籍
『クォーク・レプトン核の世界』
クォーク・レプトン核の世界


『基礎物理学選書25 素粒子』
基礎物理学選書25
素粒子


『物理学選書9 素粒子物理学』
物理学選書9
素粒子物理学



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:原子物理


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.