裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『磁性体の統計理論』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA

★上記のリンク先で「在庫切れ」「販売中止」等の場合もございますが、このページの表示が
 「在庫あり」の際は、お近くの書店・大学生協等でお取り寄せができます★


物理学選書12
磁性体の統計理論  【復刊】
Statistical Theory of Magnetism

東京工業大学名誉教授 理博 小口武彦 著
A5判/312頁/定価5616円(本体5200円+税8%)/1970年11月
ISBN978-4-7853-2312-7 (旧ISBN4-7853-2312-4) オンデマンド方式による印刷・製本

 磁性の教科書や少し進んだ解説書は数多くあるが,磁性体の統計理論に主眼をおいたものは,和洋書にもほとんどないといってもよい.著者は,多年にわたってこの方面を研究し,また米国や日本のいくつかの大学でその講義を行ってきたが,本書はそれらを中心としてまとめられたものである.本書の内容は,磁性体に関するごく初歩的なものから,かなり専門書的なものや最近の研究の結果を含んでいる.
 著者は,学問というものはなぜそのように進歩していくかという必然性を意識して項目を進めているので,進んだ理論や新しい現象も本書では突然に現れることはない.したがって,読者は予備知識が少なくても,読み進むうちに自然に研究内容に立ち入り,理解できるように編まれている.理工系大学高学年,大学院生,研究者には好適の書としてこれをお薦めする.

 ※物理学選書」の一覧はこちら

【目 次】

『磁性体の統計理論』 カバー
1.磁性体内のスピン相互作用
 1.1 交換相互作用
 1.2 N =2の場合,水素分子
 1.3 N =3の場合
 1.4 S が1以上の場合の交換相互作用
 1.5 configuration interaction
 1.6 超交換相互作用(i)
 1.7 超交換相互作用(ii)
 1.8 二重交換相互作用
 1.9 間接交換相互作用
 1.10 スピンハミルトニアン
 1.11 異方性交換相互作用(i)
 1.12 異方性交換相互作用(ii)
 1.13 Dzyaloshinski-Moriyaの相互作用
 参考文献

2.強磁性体の近似理論
 2.1 分子場理論
 2.2 比熱,帯磁率
 2.3 分子場理論の改良
 2.4 Bethe-Peierls-Weissの理論
 2.5 constant coupling近似
 2.6 有効ハミルトニアンの方法
 2.7 スピン対相関関数
 参考文献

3.Ising模型
 3.1 Ising模型,二元合金,格子気体
 3.2 1次元Ising模型
 3.3 Bethe近似
  3.3.1 Bethe-Peierlsの方法
  3.3.2 Takagiの方法
 3.4 さらによい近似的方法
  3.4.1 Betheの第2近似
  3.4.2 Kirkwoodの方法
  3.4.3 Zernikeの方法
  3.4.4 Kikuchiの方法
 3.5 行列の方法
 3.6 2次元格子の表裏変換
 3.7 2次元正方格子の厳密解
 参考文献

4.高温展開
 4.1 帯磁率の級数展開,Heisenberg模型の場合
 4.2 帯磁率の級数展開,Ising模型の場合
 4.3 ratio methodとPade近似
 4.4 critical exponents
 4.5 scaling laws
 4.6 パラメーターを含む高温展開
 参考文献

5.反強磁性体の近似理論
 5.1 反強磁性体の結晶格子
 5.2 反強磁性体の分子場浬論
 5.3 反強磁性体の分子場理論の改良
 5.4 反強磁性体のBethe近似
 5.5 反強磁性体のconstant coupling近似
 5.6 磁化の方向と磁場
 5.7 基底状態のエネルギーの上限と下限
 5.8 基底状態のスピン多重度
 5.9 基底状態のエネルギー
 5.10 ネール状態の改良
 5.11 Fisherの超交換反強磁性体
 参考文献

6.スピン波の理論
 6.1 スピン波
 6.2 スピン波の古典的な扱い
 6.3 スピン波の半量子論的な扱い
 6.4 Holstein-Primakoffの理論
 6.5 反強磁性体におけるスピン波の理論
 6.6 強磁性体の低温における熱力学的諸量
 6.7 反強磁性体の低温における熱力学的諸量
 6.8 強磁性体の磁気双極子相互作用
 6.9 スピン波間の相互作用(i)
 6.10 スピン波間の相互作用(ii)
 6.11 強磁性共鳴吸収
 参考文献

7.グリーン関数の方法
 7.1 グリーン関数
 7.2 スペクトル定理
 7.3 レスポンス関数との関係
 7.4 1つのスピン系の例題
 7.5 1次元Ising模型
 7.6 強磁性体への応用
 7.7 反強磁性体への応用
 7.8 強磁性体の帯磁率
 7.9 切断の改良
 参考文献

8.1次元格子における厳密解
 8.1 XY模型
 8.2 2個のスピン波のbound状態
 8.3 反強磁性体の基底状態
 8.4 反強磁性体のスピン波
 8.5 局在スピン波
 参考文献

9.残された2,3の問題
 9.1 1次元Ising模型における時間的変化
 9.2 キュリー点近傍おける非平衡状態
 9.3 希薄強磁性体
 9.4 2次元強磁性体
 参考文献

付録
 A.1 密度行列の展開
 A.2 スピン関数
 A.3 第2量子化の方法−Bosonの場合
 A.4 第2量子化の方法−Fermionの場合
 A.5 スピン演算子とフェルミ(Fermi)演算子の関係
 A.6 正方格子のIsing模型の厳密解に必要な計算
 A.7 Dysonのハミルトニアン
 A.8 帯磁率と相関関数
 A.9 Bogolyubovの不等式
 参考文献

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.