裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『化合物磁性 −局在スピン系』 カバー


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧



電子メール・アイコン

物性科学選書 
化合物磁性 −局在スピン系
Magnetism of Compounds −Localised Spin System−

在庫マーク

名古屋大学名誉教授 理博 安達健五 著

A5判/382頁/定価6048円(本体5600円+税8%)/1996年10月発行
ISBN 978-4-7853-2607-4 (旧ISBN 4-7853-2607-7)  C3042

 多数の化合物の示す磁性は,電子スピンの基礎的な性質と固体結合を起源として発生し,その多種多様な振舞は学術上・応用上重要視されている.本書は,局在電子磁性を通してその挙動の詳細を説明するものである.
 姉妹書に『化合物磁性 −遍歴電子系』がある.


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

0.序章
1.結晶学と回析現象
2.原子の磁性,結晶電場と電子状態
3.分子磁場理論
4.結晶内スピン間の相互作用
5.局在スピン磁性関連現象

詳細目次

刊行趣旨/はしがき

0.序章
 0.1 物質の磁性とその分類
 0.2 磁性化合物の生成
 0.3 化合物の生成とその安定性
 0.4 磁性研究の歴史と現状
 0.5 化合物磁性についての参考書
 文献

1.結晶学と回析現象
 1.1 結晶の対称性
 1.2 回析現象
 文献

2.原子の磁性,結晶電場と電子状態
 2.1 電子軌道と磁場中の状態
 2.2 結晶電場と電子状態
 2.3 ヤーン−テラー効果による格子変形
 文献

3.分子磁場理論
 3.1 強磁性分子磁場理論
 3.2 反強磁性の分子磁場理論
 3.3 フェリ磁性の分子磁場理論
 3.4 安定なスピン構造の決定
 3.5 交換歪効果
 文献

4.結晶内スピン間の相互作用
 4.1 磁気双極子相互作用
 4.2 ハイゼンベルクの交換エネルギー,直接交換
 4.3 超交換相互作用
 4.4 多体交換相互作用
 4.5 異方的交換相互作用
 4.6 反対称交換相互作用
 4.7 2重交換相互作用
 文献

5.局在スピン磁性関連現象
 5.1 磁気転移に対する統計近似
 5.2 イジング スピン系
 5.3 ハイゼンベルク スピン系
 5.4 臨界指数と低次元磁性
 5.5 磁性体のスピン波理論-低温近似
 5.6 イジングスピン格子の磁化現象
 5.7 スピングラス
 文献

事項索引
物質索引

著作者紹介

安達 健五
あだち けんご 
1926年 岩手県に生まれる.東北大学理学部卒業.東北大学助手・講師・助教授,名古屋大学教授,信州大学教授,福井工業大学教授などを歴任.中国東北大学(瀋陽)名誉教授.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
「物性科学選書」
『化合物磁性 −遍歴電子系』
化合物磁性
−遍歴電子系−



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:物性物理学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.