裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『化合物磁性 −遍歴電子系』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


物性科学選書
化合物磁性 −遍歴電子系
Magnetism of Compounds
−Itineront Electron System−

名古屋大学名誉教授 理博 安達健五 著
A5判/462頁/定価7020円(本体6500円+税8%)/1996年10月
ISBN978-4-7853-2608-1 (旧ISBN4-7853-2608-5)

 本書では遍歴電子磁性を通してその挙動の詳細を説明する.

    → 姉妹書『化合物磁性 −局在スピン系 』の目次へ

 → 正誤表 (pdfファイル)

【目 次】

『化合物磁性 −遍歴電子系』 カバー
0 結晶内電子のエネルギーバンドの構築
 0.1 自由電子と静的物性
 0.2 自由電子ガスにおける交換および相関効果
 0.3 周期的電場とエネルギーバンド形成
 0.4 合金や固溶体におけるコヒーレントポテンシャル近似(CPA)
 0.5 金属・合金の電気抵抗

1 遍歴電子磁性1(スピン配列の発生)
 1.1 遍歴電子系の磁化率
 1.2 強磁性の発生
 1.3 遍歴電子反強磁性
 1.4 ハバード模型
 1.5 磁性体の電気抵抗

2 スピン系の動的性質
 2.1 遍歴電子におけるスピン波
 2.2 動的磁化率
 2.3 中性子散乱

3 遍歴電子磁性2(スピンのゆらぎ理論)
 3.1 ゆらぎと対相関
 3.2 弱強磁性のスピンのゆらぎ理論(SCR理論)
 3.3 核磁気共鳴による検証
 3.4 電気抵抗の温度と磁場に対する変化
 3.5 ゼロ点ゆらぎの影響
 3.6 強い強磁性へ向けての統一理論
 3.7 スピンのゆらぎの温度による飽和

4 遍歴電子磁性関連現象
 4.1 磁気相転移
 4.2 磁気転移の実験例
 4.3 磁気体積効果
 4.4 ラーベス相化合物の磁性と体積効果
 4.5 フォノンを主役とする磁気体積効果
 4.6 遍歴電子メタ磁性

5 伝導電子を媒介とする磁性
 5.1 磁性原子不純物の磁気モーメントの出現
 5.2 Kondo効果
 5.3 RKKY相互作用とスピン配列
 5.4 重フェルミオンと高濃度Kondo効果
 5.5 重フェルミオンの理論的背景

事項索引
物質索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.