裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『ゴム弾性[初版復刻版]』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧



電子メール・アイコン

ゴム弾性 [初版復刻版]

在庫マーク

東京大学名誉教授 理博 久保亮五 著

A5判/176頁/定価2916円(本体2700円+税8%)/1996年6月発行
ISBN 978-4-7853-2807-8 (旧ISBN 4-7853-2807-X)  C3042

 本書の初版は半世紀以上も前に刊行され,初版発刊翌年に毎日出版文化賞を受賞した.その後絶版となったが,現在でも学問的にきわめて価値の高い幻の名著として今日まで語り継がれてきた.著者は1995年3月に逝去されたが,著者の業績を偲ぶ各方面から復刊の要望が高く,読みやすい現代版として復刻したものである.
 ゴムの物理や化学は今日でもなお未解決の問題も多く,当時少壮気鋭の学者としてこの問題に取り組まれた著者の,ゴム弾性の神秘をあばこうとして構想をめぐらす姿勢がうかがわれる本書は,直接この方面に携わる方々を魅了するばかりでなく,多くの方々の興奮を呼び起こすことだろう.


サポート情報

正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.まえおき
2.ゴムおよびゴム類似物質
3.ゴム状態の本質
4.統計力学的な基礎
5.理想ゴムの統計力学的理論
6.実際のゴム
7.ゴムの理論に関連した諸問題

詳細目次

久保亮五著「ゴム弾性」のもつ意義 [伏見康治]
はしがき

1.まえおき
 1.1 高分子物性論の位置

2.ゴムおよびゴム類似物質
 2.1 ゴムとその特質
 2.2 高弾性
 2.3 ゴムの分子および加硫
 2.4 ゴムのX線的研究
 2.5 ゴム類似物質

3.ゴム状態の本質
 3.1 物質の構造, 原子分子間の力と力学的性質
 3.2 ミクロブラウン運動とマクロブラウン運動
 3.3 分子内回転
 3.4 ゴム弾性の本質
 3.5 熱力学的関係式と実験的証明

4.統計力学的な基礎
 4.1 統計力学の基礎
 4.2 理想気体
 4.3 一つの力学的模型
 4.4 鎖状分子のエントロピー

5.理想ゴムの統計力学的理論
 5.1 理想ゴム状態
 5.2 荷重と張力
 5.3 W. Kuhnの理論
 5.4 Poisson比とYoung率
 5.5 網状構造の理論
 5.6 内部エネルギーを考えた理論
 5.7 要素分子の配向
 5.8 ゴムの張力の一つの運動論的解釈
 5.9 ゴムの複屈折
 5.10 分子バネの説

6.実際のゴム
 6.1 生ゴムの弾性
 6.2 結晶化現象
 6.3 ゴムの低温における状態変化
 6.4 時間的な現象および可塑性

7.ゴムの理論に関連した諸問題
 7.1 分子内回転と鎖状分子の形
 7.2 粘度
 7.3 膨潤
 7.4 繊維状タンパク質の問題
 7.5 結びの言葉

付録
復刻版あとがき [西 敏夫]
索引

著作者紹介

久保 亮五
くぼ りょうご 
1920年 東京都に生まれる.旧制第一高等学校理科甲類卒業,東京帝国大学理学部卒業.東京帝国大学助手・助教授・教授,京都大学教授,慶應義塾大学教授などを歴任.その間,Chicago大学,Pennsylvania大学客員教授,Paris大学客員教授,New York州立大学客員教授なども勤める.1973年文化勲章受章,文化功労者.主な著書に『新装版 統計力学』(共立出版),『統計物理』(監訳,丸善出版),『統計物理学』(共著,岩波書店)などがある.

(日本物理学会 50巻11号掲載の「年譜」を元に作成)


この著作者の本
『大学演習 熱学・統計力学[修訂版]』
大学演習 熱学・統計力学
[修訂版]


関連書籍
『高分子の物理学』
高分子の物理学


『高分子物理学(改訂版)』
高分子物理学(改訂版)



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理:統計力学
物理:物性物理学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.