裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生物活性天然物の化学合成』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生物活性天然物の化学合成
−生体機能分子をどうつくるか−
Chemical Synthesis of Bioactive Natural Products
−How to Synthesize Biofunctional Molecules−

東京大学名誉教授 農博 森 謙治 著
A5判/226頁/定価3564円(本体3300円+税8%)/1995年1月
ISBN978-4-7853-3048-4 (旧ISBN4-7853-3048-1)

 有機合成化学のアドバンスド・コースとして「生体機能分子をどうつくるか」を実例を通して学ぶ.特に立体選択的合成・不斉合成を学ぶための多くの実例があげられている.
 また折りに触れ,本書の随所で語られる著者の研究哲学は,化学合成の実際のみならず,研究目標達成のための手順についても多くを教えてくれるだろう.

【目 次】

『生物活性天然物の化学合成』 カバー
1 序論 −生体機能分子と有機合成−
 1.1 生体機能分子とは何か
 1.2 生体機能分子を合成する意義
 1.3 生体機能分子をどう合成するか
 1.4 合成研究に必要な技術は何か

2 植物関連生体機能分子の合成
 2.1 植物ホルモン類
 2.2 ファイトアレキシン類
 2.3 植物由来のその他の生体機能分子

3 フェロモン以外の昆虫関連生体機能分子の合成
 3.1 昆虫ホルモン類
 3.2 昆虫摂食阻害物質

4 昆虫フェロモン類の合成
 4.1 昆虫フェロモンとは
 4.2 エナンチオ選択的合成のやり方
 4.3 なぜ光学活性な昆虫フェロモンを合成するか
 4.4 一方の鏡像体のみが生物活性を示すフェロモン類
 4.5 多様な構造活性相関を示すフェロモン類
 4.6 昆虫フェロモンのエナンチオ選択的合成で何がわかったか

5 微生物関連生体機能分子の合成
 5.1 微生物ホルモン類
 5.2 抗生物質類
 5.3 微生物が生産するその他の生体機能分子

6 海洋生物関連生体機能分子の合成
 6.1 薬理活性を示す海洋天然物
 6.2 海洋生物の摂食阻害物質

7 結論−研究のまとめ−
 7.1 反応の進歩と化学合成
 7.2 分析の進歩と化学合成
 7.3 生命現象とキラリティー
 7.4 人間の営みとしての研究



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.