裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ほしいものだけ作る化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA

★上記のリンク先で「在庫切れ」「販売中止」等の場合もございますが、このページの表示が
 「在庫あり」の際は、お近くの書店・大学生協等でお取り寄せができます★


化学選書
ほしいものだけ作る化学  【復刊】
−有機合成化学−

京都大学名誉教授 工博 野崎 一 編著/
内本喜一朗・大嶌幸一郎・野崎 一・檜山為次郎 執筆
A5判/300頁/定価6264円(本体5800円+税8%)/初版1982年9月
ISBN978-4-7853-3302-7 (旧ISBN4-7853-3302-2) オンデマンド方式による印刷・製本

 有機合成化学の進歩と変容は,全く加速度的である.そして本邦化学者の寄与が目立って著しいことも,国際的に認められている.その大目標は,ほしいものだけ作るプロセスの開拓にある.不要な副生物を極力少なくすることにより,資源・エネルギーの無駄を省き,環境保全にも役立てる.石油化学工業で使われている有機反応は巨大なスケールで実施され,極限にまで合理化されている.
 他方,最近の有機合成では,無機化学者も注意していないような周期表の片隅から,新しい反応剤,方法論が芽ばえてくることが多い.それはすぐに複雑な天然物の合成に応用され,見事な成果を産み出している.
 本書は,伝統的な有機化学教科書と現代に生きる有機合成の現場とをつなぐかけはしであって,学部専門課程から大学院初年級を対象とし,有機化学・有機合成の専門家よりは,むしろそれ以外の領域の化学者・技術者にたやすく理解されるよう編集・叙述に工夫がされている.

【目 次】

『ほしいものだけ作る化学』 カバー
1.序論 −有機合成の基礎からフロンティアまで

2.石油化学と有機反応
 2.1 展望
 2.2 重要な炭素骨格形成反応
  2.2.1 ポリエチレンとポリプロピレン
  2.2.2 ブタジエンから8員環,12員環
  2.2.3 エチルベンゼンとクメン
  2.2.4 オキソ法とブタナール
 2.3 重要な酸化反応
  2.3.1 オキシラン −メチル基のあるとき,ないとき
  2.3.2 エチレンよりアセトアルデヒド(Hoechst-Wacker法)
  2.3.3 オキシクロル化反応 −エチレンから塩化ビニルモノマー
  2.3.4 ε-カプロラクタムとPNC法
  2.3.5 アクリロニトリル(SOHIO法アンモ酸化)
  2.3.6 テレフタル酸とフタル酸
 2.4 C1(シーワン)化学への期待

3.炭素−炭素結合形成反応の基礎
 3.1 展望
 3.2 炭素イオン
  3.2.1 エノラートの反応
  3.2.2 酸の強度
  3.2.3 炭素陰イオンか有機金属か
  3.2.4 炭素陽イオン
 3.3 炭素ラジカル
  3.3.1 いわゆるヘキサフェニルエタンとラジカル反応
  3.3.2 求核反応剤と一電子交換,SRN反応
 3.4 カルベン化学
  3.4.1 一重項と三重項
  3.4.2 カルベン錯体としてのイリドと逆イリド
  3.4.3 オレフィンの不均化
  3.4.4 Li,Znカルベノイド
 3.5 その他の炭素−炭素結合生成,転位反応
  3.5.1 シクロブタン環の生成
  3.5.2 Diels-Alder反応
  3.5.3 ピナコール還元,アシロイン還元
  3.5.4 ピナコロン転位,Wagner-Meerwein転位
  3.5.5 Cope転位
  3.5.6 Claisen転位
 3.6 硬い酸,軟らかい酸

4.官能基変換反応の基礎
 4.1 展望
 4.2 酸化反応
  4.2.1 酸化段階の調整
  4.2.2 クロム酸による水酸基の酸化
  4.2.3 DMSO(ジメチルスルホキシド)酸化
  4.2.4 オレフィンのアリル位の酸化
  4.2.5 遷移金属触媒を用いるオレフィンのエポキシ化
  4.2.6 一重項酸素による酸化反応
 4.3 還元反応
 4.3.1 カルボニル化合物の還元
  4.3.2 接触還元とLindlar還元
  4.3.3 不斉還元とアミノ酸合成
  4.3.4 Birch還元
 4.4 保護基
  4.4.1 水酸基の保護
  4.4.2 カルボニル基の保護と活性化
  4.4.3 カルボキシル基の保護と活性化
 4.5 その他置換反応および開裂反応
  4.5.1 クラウンエーテルを用いる脂肪族化合物における置換反応
  4.5.2 ベンゼン環上の求核置換反応
  4.5.3 ベンザイン
  4.5.4 Julia-Johnsonのシクロプロパン開裂反応
  4.5.5 双環体の開裂による中員環の合成
 4.6 TCDD −セベソの悲劇

5.有機合成反応のフロンティア −有機合成の新方法論
 5.1 展望
 5.2 典型元素の利用
  5.2.1 ハイドロボレーション
  5.2.2 有機ホウ素化合物を合成に利用する
  5.2.3 ジエチルシアノアルミニウム −アルミニウム化合物の
      有機合成への登場
  5.2.4 トリメチルアルミニウム −新しいメチル化剤
  5.2.5 アルケニルおよびアルキニルアルミニウム化合物 −
      オレフィンおよびアセチレン合成の新手法
  5.2.6 ケイ素化合物と有機合成
  5.2.7 ケイ素の特性を活かしたオレフィン合成 −Wittig型
      オレフィン合成の新手法
 5.3 リン,硫黄の化学とd軌道の役割
  5.3.1 Wittig反応 −カルボニル化合物をオレフィンにする
  5.3.2 オレフィンを選択的に作り出す −フェロモン合成などへの利用
  5.3.3 硫黄イリドの反応
  5.3.4 硫黄の特性の利用 −β-ジケトン合成とビタミンB12
      関連体合成への応用
  5.3.5 硫黄やセレンの特徴的な脱離反応 −共役エノン
 5.4 遷移金属化合物
  5.4.1 有機銅化合物 −置換反応および共役付加
  5.4.2 ジルコニウムを利用する
  5.4.3 鉄カルボニル化合物 −アシル陰イオンも作り出せる
  5.4.4 パラジウムと有機合成
 5.5 π電子系の反応
  5.5.1 共役系化合物の閉環反応 −なぜ選択的に進むのか
  5.5.2 Diels-Alder反応 −位置および立体選択的に6員環を作る
  5.5.3 エン反応 −オレフィンの有機合成へのもう一つの利用
  5.5.4 π電子系の関与する反応 −熱による反応と光照射下での
      反応のちがい
 5.6 合成法開拓の新しい動き
  5.6.1 ビタミンB1(チアミン)作用のモデル化
  5.6.2 アミノ酸を触媒とする光学活性体の合成
  5.6.3 ポリメチレン鎖の選択的酸化
  5.6.4 高分子反応剤 −Merrifieldの工夫
  5.6.5 糖を原料とする有機合成
  5.6.6 Baldwin則

6.天然物合成のフロンティア −合成の戦略
 6.1 展望
 6.2 テルペン,ステロイドの合成
  6.2.1 イソプレン単位のできるまで
  6.2.2 トリテルペン,スクアレンの生成
  6.2.3 トリテルペンからステロイドへ
  6.2.4 生体内での合成に啓示されたステロイド合成
  6.2.5 シクロ付加反応を利用するステロイド合成
  6.2.6 環に環をくっつける
  6.2.7 レセルピン(その1) −不斉炭素五つをもつシクロヘキサン環
      の合成
  6.2.8 レセルピン(その2) −骨格の組み立て
  6.2.9 レセルピン(その3) −エピマーから本物へ
 6.3 イオノフォア
  6.3.1 ラサロシドA(その1) −簡単な部品に分解する
  6.3.2 選択的合成のための立体化学制御(その1) −1,2-および
      1,3-不斉誘起
  6.3.3 選択的合成のための立体化学制御(その2) −トレオ・エリトロの
      作りわけ
  6.3.4 ラサロシドA(その2) −右半分,イソラサロシドケトンの合成
  6.3.5 ラサロシドA(その3) −アルドール付加で合成を完成
 6.4 プロスタグランジン
  6.4.1 プロスタグランジン(その1) −望む立体配置をもつ
      シクロペンタン環合成
  6.4.2 プロスタグランジン(その2) −5員環にC(13)〜(20)側鎖を
      つなぐ
  6.4.3 プロスタグランジン(その3) −C(1)〜(7)カルボン酸
      残基の結合
  6.4.4 プロスタグランジン類の生体内での合成
  6.4.5 ロイコトリエンC-1(LT-1)の合成と構造決定
 6.5 β-ラクタム抗生物質
  6.5.1 ペニシリンVの合成
  6.5.2 セファロスポリンC(その1) −β-ラクタム環を作る
  6.5.3 セファロスポリンC(その2) −Sを含む6員環をくっつける
  6.5.4 7-メトキシ-1-オキサセフェム(その1) −ペニシリンからSをとる
  6.5.5 7-メトキシ-1-オキサセフェム(その2) −β-ラクタム環に
      酸素官能基を導入
 6.6 発ガン物質と制ガン剤

7.術語集

 問題を解くために
 索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.