裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『実験有機合成化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


基礎化学選書19
実験有機合成化学

群馬大学名誉教授 理博 右田俊彦 編著/
右田俊彦・太田博道・上方宣政・中山重蔵 執筆
A5判/226頁/定価2916円(本体2700円+税8%)/1986年5月
ISBN978-4-7853-3124-5 (旧ISBN4-7853-3124-0)

 学生実験での使用を念頭に執筆された大学・高専向けテキスト.実験と理論とが遊離することのないように,官能基の性質や反応機構など,有機化学の基礎知識を思い起こしつつ実験が進められるよう巧みに構成されている.学生実験室と教室との橋渡しに役立つ好著.

【目 次】

『実験有機合成化学』 カバー
1 有機合成実験の目的

2 基本操作
 2.1 ガラス器具の取り扱い
 2.2 ガラス細工
 2.3 実験装置の組立て
 2.4 乾燥
 2.5 加熱
 2.6 冷却
 2.7 攪はん
 2.8 抽出
 2.9 ろ過
 2.10 蒸留
 2.11 再結晶−結晶性物質の精製−
 2.12 昇華
 2.13 クロマトグラフィー

3 不飽和結合の形成
 3.1 アルコールの脱水反応
 3.2 付加,脱離反応による三重結合の形成
 3.3 アルドール縮合によるベンザルアセトフェノンの合成
 3.4 Wittig反応
 3.5 Diels-Alder反応

4 ハロゲン化物の合成
 4.1 臭素付加
 4.2 アリル位のハロゲン化
 4.3 アルコールからハロゲン化合物への変換
 4.4 芳香核のハロゲン化
 4.5 Sandmeyer反応

5 水酸化物の合成
 5.1 Grignard試薬によるアルコールの合成
 5.2 カルボニル化合物の還元
 5.3 ジアゾニウム塩の加水分解
 5.4 Claisen転位によるo-アリルフェノールの合成
 5.5 コレステロールの抽出

6 エーテルの合成
 6.1 Williamson合成
 6.2 電子吸引基を持つ芳香族ハロゲン化物の置換反応
 6.3 エポキシドの合成

7 カルボニル化合物の合成
 7.1 芳香族側鎖の酸化
 7.2 Reimer-Tiemann反応
 7.3 アルコールの酸化
 7.4 Friedel-Crafts反応
 7.5 ベンゾイン縮合
 7.6 Claisen縮合

8 カルボン酸の合成
 8.1 ケトンの酸化開裂
 8.2 Grignard試薬と二酸化炭素の反応
 8.3 ニトリルの加水分解
 8.4 Cannizzaro反応
 8.5 Perkin反応

9 カルボン酸の誘導体の合成
 9.1 エステル化
 9.2 エステルの加水分解
 9.3 酸塩化物の合成
 9.4 酸無水物の合成
 9.5 酸アミドの合成

10 ニトロおよびニトロソ化合物の合成
 10.1 ニトロ化
 10.2 ニトロ化の配向性
 10.3 アニリン類のニトロ化
 10.4 ニトロソ化

11 アミンの合成
 11.1 ニトロ基の還元
 11.2 アゾ化合物の還元
 11.3 塩化アルキルとアンモニアまたはアミン類との求核置換反応
 11.4 Gabriel合成(第一級アミンの合成)
 11.5 Hofmann反応
 11.6 ヒドラジンとその誘導体



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.