裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『有機化学の考え方』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧



電子メール・アイコン

化学サポートシリーズ 
有機化学の考え方 −有機電子論−
Understanding of Organic Chemistry −Electronic Theory−

在庫マーク

群馬大学名誉教授 理博 右田俊彦・
元 東海大学教授 理博 西山幸三郎 共著

A5判/144頁/定価2268円(本体2100円+税8%)/1997年11月発行
ISBN 978-4-7853-3403-1 (旧ISBN 4-7853-3403-7)  C3043

 有機化学の体系的理解に欠かせない一方で,初学者がとまどいがちな「有機電子論」について,教育経験豊かな著者が懇切ていねいに,その考え方のエッセンスを伝える.多数の章末問題と親切な解答を収め,読者の学習の便を図った.


サポート情報

正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.有機電子論とは
2.有機化合物における電子配置 ―官能基が化学的性質の担い手になるのはなぜか―
3.置換基の電子的効果
4.酸・塩基
5.有機化合物の反応

詳細目次  

はじめに−読者への助言−

1.有機電子論とは
 1.1 官能基
 1.2 電子の特性
 演習問題

2.有機化合物における電子配置 ―官能基が化学的性質の担い手になるのはなぜか―
 2.1 はじめに
 2.2 原子の電子配置と性質
 2.3 有機化合物における結合
 2.4 官能基中のC,H以外の原子の存在
 2.5 不飽和結合の存在・π結合
 2.6 共役二重結合,π電子系における共鳴
 演習問題

3.置換基の電子的効果
 3.1 はじめに
 3.2 誘起効果 I効果
 3.3 共鳴効果 R効果
 3.4 超共役効果
 3.5 置換基の極性
 3.6 置換基効果の働き方
 演習問題

4.酸・塩基
 4.1 はじめに
 4.2 酸・塩基の概念
 4.3 酸・塩基の強さと構造の関係
 演習問題

5.有機化合物の反応
 5.1 反応の分類
 5.2 活性中間体
 演習問題

さらに勉強したい人たちのために
演習問題の解答
索引

著作者紹介

右田 俊彦
みぎた としひこ 
1926年 東京都に生まれる.旧制第四高等学校卒業,東京大学理学部卒業.東京大学助手,群馬大学助教授・教授,東海大学教授などを歴任.主な著書に『コンパクト有機化学』(丸善出版),『反応有機化学入門』(朝倉書店)などがある.

西山 幸三郎
にしやま こうざぶろう 
1944年 生まれ.群馬大学工学部卒業,東京都立大学大学院理学研究科修了.東京都立大学助手・助教授,東海大学教授などを歴任.主な著書に『原子と分子』(東海大学出版部)などがある.>

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


この著作者の本
『有機反応機構(改訂版)[POD版]』
有機反応機構(改訂版)
[POD版]


『実験有機合成化学』
実験有機合成化学


『有機化学演習』
有機化学演習


関連書籍
『生命系のための 有機化学 I −基礎有機化学−』
生命系のための有機化学 I
−基礎有機化学−


『ステップアップ 大学の有機化学』
ステップアップ
大学の有機化学


『初歩からの有機化学』
初歩からの有機化学


『有機化学(三訂版)』
有機化学(三訂版)



教科書をお探しの先生方へ


化学
化学:有機化学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.