裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『溶媒抽出化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


溶媒抽出化学
Solvent Extraction Chemistry

名古屋大学名誉教授 理博 田中元治・
群馬大学名誉教授 理博 赤岩英夫 共著
A5判/272頁/定価6480円(本体6000円+税8%)/2000年2月
ISBN978-4-7853-3064-4 (旧ISBN4-7853-3064-3)

 溶媒抽出について,そこに含まれる反応の平衡や機構を解説,また分析化学への応用をまとめた,類書の少ない専門書.大学4年生以上,大学院生,研究者向け.

【目 次】

『溶媒抽出化学』 カバー
1章 溶媒抽出
 1・1 抽出系の分類と抽出過程
 1・2 溶媒抽出に用いられる術語
 1・3 用いられる方法と器具

2章 錯体の生成平衡
 2・1 酸塩基平衡
 2・2 錯形成の平衡
 2・3 配位子緩衝液

3章 金属錯体の生成定数
 3・1 ルイス酸塩基の硬さと軟らかさ−HSAB
 3・2 配位子の塩基性と錯体の生成定数
 3・3 キレートの生成定数
 3・4 生成定数と中心金属
 3・5 生成定数と溶媒

4章 金属錯体の生成反応の速度と機構
 4・1 溶液内反応の速度
 4・2 錯形成反応の機構と速度
 4・3 配位子交換反応の機構
 4・4 結合配位子の影響
 4・5 多座配位子置換反応の機構
 4・6 メタロポルフィリンの生成反応
 4・7 反応機構に基づく金属錯体の生成定数の考察

5章 抽出平衡の考察
 5・1 中性の共有結合性分子N(c=a=0)の抽出
 5・2 陰イオン試薬を用いる金属錯体の抽出
 5・3 陰イオン試薬と同時に中性試薬を用いる金属イオンの抽出
   (抽出種:CAaNn)−協同効果
 5・4 イオン対の抽出
 5・5 高分子アミンおよびアンモニウムによる抽出

6章 正則溶液論に基づく考察
 6・1 正則溶液
 6・2 中性分子のモル体積と溶解パラメーター
 6・3 抽出分離と抽出試薬選択の基本的考え方
 6・4 抽出に対する溶媒効果

7章 溶媒抽出による分離
 7・1 抽出分離法の特色
 7・2 選択的抽出
 7・3 分離に用いられる抽出系

8章 分析に利用される抽出試薬と溶媒
 8・1 おもな抽出系と試薬
 8・2 キレート抽出系試薬
 8・3 イオン対抽出系試薬
 8・4 溶媒抽出に利用される有機溶媒
 8・5 超臨界流体抽出による分離

9章 抽出を支配する各種要因
 9・1 温度の影響−エンタルピーとエントロピー
 9・2 電解質の影響
 9・3 共抽出と抽出阻害
 9・4 抽出速度
 9・5 溶媒抽出における界面の役割
 9・6 水和と抽出

10章 溶媒抽出の分析化学,環境化学への応用
 10・1 抽出吸光光度定量法
 10・2 環境化学への応用

11章 抽出分離分析の発展
 11・1 溶媒抽出化学がたどってきた道
 11・2 溶媒抽出化学の近未来(分析化学的立場から)

付録 溶媒物性表と抽出系のデータ



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.