裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『核化学と放射化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


基礎化学選書15
核化学と放射化学

学習院大学名誉教授 理博 木越邦彦 著
A5判/256頁/定価2592円(本体2400円+税8%)/1971年11月
ISBN978-4-7853-3115-3 (旧ISBN4-7853-3115-1)

 放射性の核種は天然にあるもの,人工的に作られトレーサーとして使われているものが現在では至るところにある.化学の研究の手段として,放射壊変を利用すること,あるいは同位体をトレーサーとして用いる可能性は必ず考えてみなければならないものの一つとなってきている.そのため核化学と放射化学基礎的知識は,どの分野の化学研究者にも必要な知識となってきている.しかし,放射能についての研究は,その発見の当初から化学者と物理学者の協同作業で進められてきた.現在でも,放射能に関連する研究は,物理学と化学の境界領域となっているものが多い.しかし,放射壊変や核反応は高エネルギーの世界での一種の化学反応として理解することができ,化学者にとってはあまり抵抗なく理解することができるはずである.
 本書では,放射壊変についての基本的なことがらが理解できるように努めた.内容は網羅的ではなく,主要目次としてあげた項目に重点をおいて,できるだけ基礎的な事項を説明してある.なお,静電気と古典力学の基礎的知識,若干の無機化学と分析化学の知識があるものと予想して執筆され得ている.

【目 次】

1.原子核と放射能
2.放射線の検出と測定
3.放射壊変
4.核反応
5.放射性核種
6.安定同位体とその測定および分離
7.放射能および同位体の応用
問題解答 付録



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.