裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『動物のホルモン』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命科学シリーズ
動物のホルモン
Animal Hormones

東京大学名誉教授 理博 川島誠一郎 著
A5判/208頁/定価2700円(本体2500円+税8%)/1995年3月
ISBN978-4-7853-5089-5 (旧ISBN4-7853-5089-X) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 本書ではホルモンとホルモン作用機構の概略を述べ,次いで脊椎動物の内分泌器官について上から下へ,およそ間脳視床下部−下垂体−甲状腺−膵臓−副腎−生殖腺の順に記した後,ホルモンと性分化,ホルモンと行動などをトピックスとして解説する.

【目 次】

『動物のホルモン』 カバー
A ホルモンとホルモン作用の概略

1 ホルモンとホメオスタシス
 1.1 体液の浸透圧の調節
 1.2 赤血球の調節

2 ホルモンの分類
 2.1 ペプチドホルモン
 2.2 アミノ酸誘導体ホルモン
 2.3 ステロイドホルモン
 2.4 脂肪酸誘導体ホルモン
 2.5 ホルモンの定義

3 フィードバック調節

4 ホルモンの受容体とホルモンの作用機序
 4.1 ステロイドホルモン受容体
 4.2 ペプチドホルモン受容体
 4.3 カテコールアミン受容体

5 ホルモンとホルモン受容体の遺伝子

B 脊椎動物のホルモン

6 視床下部
 6.1 正中隆起
 6.2 視床下部ホルモン

7 下垂体後葉
 7.1 後葉ホルモン
 7.2 後葉ホルモンの作用

8 下垂体前葉
 8.1 形態
 8.2 下垂体の祖先
 8.3 前葉の細胞学
 8.4 前葉ホルモン

9 下垂体中葉
 9.1 色素胞
 9.2 MSHの分泌調節

10 甲状腺
 10.1 甲状腺ホルモンの分泌過程
 10.2 甲状腺ホルモンの作用

11 副甲状腺.鰓後腺・甲状腺旁濾胞細胞 −カルシウム調節ホルモ −
 11.1 器官とホルモンの多様性
 11.2 副甲状腺ホルモン
 11.3 カルシトニン

12 膵臓
 12.1 ランゲルハンス島の形態学
 12.2 インスリンとグルカゴンの化学
 12.3 インスリンとグルカゴンの分泌調節
 12.4 インスリンとグルカゴンの作用

13 消化管
 13.1 ガストリン
 13.2 セクレチン
 13.3 コレシストキニン
 13.4 血管活動性腸管ペプチド
 13.5 胃抑制ペプチド
 13.6 膵ポリペプチド
 13.7 モチリン
 13.8 ガラニン
 13.9 その他の胃腸膵内分泌系ホルモン

14 副腎
 14.1 形態学
 14.2 副腎皮質
 14.3 副腎髄質

15 腎臓
 15.1 レニン-アンギオテンシン系
 15.2 その他の腎臓ホルモン

16 生殖腺
 16.1 精巣
 16.2 卵巣
 16.3 生殖腺と生殖輸管の分化
 16.4 視床下部の性的二型

17 その他の内分泌器官
 17.1 胎盤
 17.2 胸腺
 17.3 松果腺
 17.4 尾部下垂体

C 無脊椎動物のホルモン

18 環形動物
19 軟体動物
20 節足動物
 20.1 昆虫類
 20.2 甲殻類
21 棘皮動物・原索動物
 21.1 棘皮動物
 21.2 原索動物

参考書
索 引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.