裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『飲料水に忍びよる 有毒シアノバクテリア』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


飲料水に忍びよる
有毒シアノバクテリア
Toxic Cyanobacteria
−Creeping in Drinking Water Reservoirs−

元 筑波大学教授 農博 彼谷邦光 著
A5判/160頁/定価2592円(本体2400円+税8%)/2001年6月
ISBN978-4-7853-5835-8 (旧ISBN4-7853-5835-1)

 人口増加や産業の活発化,環境の悪化により水不足が懸念される21世紀において,シアノバクテリア(らん藻とも呼ばれ,これが水面に集結した状態をアオコという)の毒による飲料水源の汚染は,まず最初に克服されなければならない課題である.シアノバクテリアの毒による水質汚染の現状とその対策について,多くの実例をあげながら解説する. 『飲料水に忍びよる 有毒シアノバクテリア』 内容見本

【目 次】

『飲料水に忍びよる 有毒シアノバクテリア』 カバー
1. シアノバクテリアと奇病
 1.1 ハッフ(Haff) 病(突発性ミオグロビン尿症)
 1.2 パーム島の奇病(突発性肝炎)
 1.3 上海の肝臓ガン多発地帯
 1.4 中毒事故

2. シアノバクテリアの正体
 2.1 名前の由来
 2.2 系統
 2.3 種類
 2.4 生態

3. シアノバクテリアの発生条件
 3.1 温度
 3.2 pH
 3.3 光
 3.4 栄養塩濃度
 3.5 ミネラル
 3.6 天敵
 3.7 付着性シアノバクテリア

4. シアノトキシン
 4.1 肝臓毒−ミクロシスチンとノジュラリン
 4.2 肝臓毒−シリンドロスパモプシン
 4.3 神経毒−アナトキシンとサキシトキシン
 4.4 皮膚毒−アプリシアトキシンとリングビアトキシン
 4.5 炎症毒−リポポリサッカライド(LPS)
 4.6 魚毒−チオンスルフォリピド
 4.7 その他の生理活性物質

5. シアノトキシンによる水源の有毒化
 5.1 シアノトキシンの種類とシアノバクテリア
 5.2 シアノトキシン量を支配する要因

6. シアノトキシンの毒性
 6.1 ミクロシスチン
  6.1.1 動物への影響
  6.1.2 植物への影響
 6.2 エンドトキシン
 6.3 アナトキシン
  6.3.1 アナトキシン-a
  6.3.2 アナトキシン-a(s)
 6.4 アファントキシン
 6.5 シリンドロスパモプシン
 6.6 海産シアノバクテリアの毒素

7. シアノトキシン中毒の治療
 7.1 ミクロシスチン
  7.1.1 抗酸化性物質
  7.1.2 抗腫瘍壊死因子(TNFα)血清
  7.1.3 抗炎症剤
 7.2 アナトキシン-a(s)

8. シアノトキシンの行方
 8.1 ミクロシスチン
 8.2 その他のシアノトキシン

9. シアノトキシンの暴露量と安全性
 9.1 世界保健機構(WHO)の飲料用水質のガイドライン
 9.2 水遊びとシアノバクテリア
 9.3 淡水の利用とシアノトキシン
 9.4 シアノバクテリアと病原菌
 9.5 シアノバクテリアによる臭いと味

10. シアノバクテリアの監視
 10.1 カナダのマニトバでの出来事
 10.2 オーストラリアのバーウオン/ダーリング河水系での出来事
 10.3 シアノバクテリアの危険濃度

11. シアノバクテリアの増殖防止対策
 11.1 栄養源の制御
 11.2 薬剤の使用
 11.3 天然素材の利用
 11.4 リジンによる微生物生態系機能の利用
 11.5 生物を用いた制御

12. シアノトキシンの除去法
 12.1 活性炭濾過
 12.2 塩素処理
 12.3 オゾン処理
 12.4 逆浸透透析
 12.5 紫外線照射
 12.6 その他

13. シアノトキシンの定量法
 13.1 ミクロシスチン
  13.1.1 HPLC
  13.1.2 ELISA法
  13.1.3 プロテインホスファターゼアッセイ
  13.1.4 化学分解 GC/CI-MS法
 13.2 アナトキシン-aとアナトキシン-a(s)
 13.3 シリンドロスパモプシン
 13.4 サキシトキシン

14. 国内のシアノバクテリア

15. 21世紀の水環境

おわりに
文献
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.