裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生命機械工学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命工学シリーズI
生命機械工学
Biomechanical Engineering

早稲田大学教授 工博 三輪敬之 編
A5判/296頁/定価4320円(本体4000円+税8%)/1992年10月
ISBN978-4-7853-5906-5 (旧ISBN4-7853-5906-4)

【目 次】

『生命機械工学』 カバー
A はじめに

1 生物的世界観からの機械工学
 1.1 生物的自然観
 1.2 有機的機械観
 1.3 生物的世界観からの機械工学へのアプローチ
 1.4 現象学的方法と今西的な方法
 1.5 生物の形態形成と機械の構成
 1.6 機械工学と心理学的設計
 参考文献

2 バイオテクノロジーと機械工学
 2.1 工学としてのバイオテクノロジー
 2.2 パーソナル・バイオテクノロジー

B バイオオートメーション

3 細胞微小操作技術
 3.1 歴史と種類
 3.2 細胞
 3.3 マイクロピペット
 3.4 マイクロマニピュレーター
 3.5 マイクロインジェクター
 3.6 周辺機器
 まとめ
 参考文献

4 細胞の運動制御
 4.1 気相中での細胞の運動制御-セルソーター
 4.2 直流電界による細胞の運動制御-細胞電気泳動
 4.3 交流電界による細胞の運動制御-誘電泳動と静電配向
 4.4 電界による細胞膜の制御
    −電気細胞融合とエレクトロポレーション
 4.5 微細加工技術と組合せた細胞の運動制御
 まとめ
 参考文献

5 マイクロ加工技術の応用
 5.1 細胞融合操作
 5.2 細胞操作微細ツール
 5.3 1対1細胞融合装置
 5.4 雑種細胞の生成率と今後の課題
 参考文献

6 メリクロンロボット
 6.1 メリクロンロボット
 6.2 幼苗移植システム
 6.3 球根培養システム
 6.4 苗分割培養システム
 6.5 マイクロモーションロボット
 6.6 フラワーパフォーマンスロボット
 参考文献

7 バイオ機器設計
 7.1 機器設計への課題とその対策
 7.2 バイオ機器の事例
 7.3 今後の展望
 参考文献

C 生命システムと情報

8 生物-情報をつくり出すシステム
 参考文献

9 生体運動の原理とその応用
 9.1 生体運動の原理とその応用
 9.2 人工運動系の現象論
 9.3 エネルギー変換における動的協力性と分散制御
 9.4 静電リニアモーターモデル
 9.5 展望
 参考文献

10 リズムコンピューター
 10.1 生成的な情報処理
 10.2 非平衡系の自己組織現象
 10.3 リミットサイクルの基本的な性質
 10.4 引き込み
 10.5 視覚パターン認識における情報の階層構造
 10.6 4層ホロビジョン
 10.7 大脳皮質の神経回路とリズム情報処理
 参考文献

11 脳波の計測と電源の推定
 11.1 順方向問題と逆問題
 11.2 等価電気双極子モデル
 11.3 双極子追跡法
 11.4 事象関連電位
 11.5 体性感覚誘発電位
 11.6 頭蓋内部誘電率の不均一性
 11.7 「てんかん」の焦点
 むすび
 参考文献

12 情報システムとしての植物
 12.1 植物的な自律性と無中枢システム
 12.2 植物の不思議な感覚
 12.3 植物の生体電位計測
 12.4 植物の生体表面電位変化
 12.5 形態形成における情報場
 12.6 器官のリズム運動
 12.7 植物型機械モデルの構築
 参考文献

D 人間性機械の設計

13 ヒューマン・インタフェース
 13.1 ヒューマン・インタフェースとは
 13.2 ヒューマン・インタフェースと人間工学
 13.3 ヒューマン・モデル
 13.4 メンタル・モデル
 13.5 メタファ
 13.6 ヒューマン・インタフェースの評価
 参考文献

14 生命機械工学と心理学的設計
 14.1 心理学の工学公式化
 14.2 心理エントロピーによる生活空間の数量化
 14.3 相軌跡曲線の応用
 おわりに
 参考文献

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.