裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『分子遺伝学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


21世紀への遺伝学II
分子遺伝学
Molecular Genetics

東京大学名誉教授・
国立遺伝学研究所名誉教授 理博 三浦謹一郎 編
A5判/292頁/定価3780円(本体3500円+税8%)/1997年8月
ISBN978-4-7853-5815-0 (旧ISBN4-7853-5815-7)

 遺伝子の研究は,21世紀の遺伝学を進める母体であるばかりでなく,生物科学全体,そして医学をはじめ応用生物科学に対しても欠くべからざる基礎となろう.
 本書では分子遺伝学の歩みを述べ,21世紀の遺伝学・生物学の進歩に役立つことを希望する.
 本シリーズには他に 「基礎遺伝学」 「細胞遺伝学」 「発生遺伝学」 「人類遺伝学」 「応用遺伝学」がある.

【目 次】

『分子遺伝学』 カバー
1 微生物における遺伝現象の解析
 1.1 微生物の世界
 1.2 遺伝的微生物
 1.3 微生物遺伝学と分子遺伝学
 1.4 遺伝現象および遺伝子解析技術の発達
 1.5 微生物の遺伝現象――特殊性と普遍性
 1.6 定常期大腸菌の分子遺伝学
 引用文献
 参考文献

2 遺伝子の本体と構造
 2.1 遺伝子の本体
 2.2 遺伝子の本体が核酸であることの証明
 2.3 DNAの構造
 2.4 DNAの塩基配列
 参考文献

3 遺伝子複製のメカニズム
 3.1 DNA複製の基本的仕組み
 3.2 DNA鎖伸長の仕組みとDNA複製関連タンパク
 3.3 単一レプリコンの複製開始の仕組み
 3.4 真核生物染色体DNA複製の開始
 3.5 複製開始の調節
 3.6 複製の終了
 参考文献

4 遺伝子の情報発現とその調節
 4.1 転写酵素
 4.2 転写開始シグナル
 4.3 転写調節
 おわりに
 参考文献

5 遺伝の情報と分子進化
 5.1 進化における遺伝子の変化
 5.2 分子系統
 5.3 真核生物遺伝子の進化
 5.4 RNAと生命の起源
 おわりに
 参考文献

6 突然変異の分子機構
 6.1 突然変異の種類
 6.2 自然突然変異の誘発
 6.3 DNAの自然損傷
 6.4 誘導突然変異
 6.5 突然変異を検出する方法
 6.6 損傷の修復
 6.7 発がんと突然変異
 おわりに
 参考文献

欧文索引
和文索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.