裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生命分子工学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命工学シリーズIV
生命分子工学
Biomolecular Science

東京大学名誉教授・
国立遺伝学研究所名誉教授 理博 三浦謹一郎 編
A5判/274頁/定価4320円(本体4000円+税8%)/1992年6月
ISBN978-4-7853-5909-6 (旧ISBN4-7853-5909-9)

【目 次】

『生命分子工学』 カバー
A はじめに

1 生命分子の化学
 1.1 分子量による生命分子の大まかな分類
 1.2 生体高分子の構造の階層性
 1.3 生体高分子の構造の階層性と研究手段との関係
 1.4 アミノ酸残基からタンパク質へ
 1.5 20種類のアミノ酸残基の性質と役割
 1.6 核酸の構造の基礎
 1.7 核酸の立体構造をめぐって
 1.8 タンパク質の作用機構
 参考文献

B 遺伝子工学

2 DNA操作技術 −新しい遺伝情報操作技術に向けて−
 2.1 組換えDNA技術の実現
 2.2 組換えDNA技術の方法
 2.3 遺伝子の加工
 2.4 染色体レベルでのDNA操作
 2.5 染色体DNAの分画,断片化,制限酵素切断点地図
 2.6 染色体レベルでの定点加工
 おわりに
 参考文献

3 ベクター・発現
 3.1 ベクターの構造
 3.2 遺伝子発現系の構造
 3.3 大腸菌宿主・ベクター系
 3.4 枯草菌宿主・ベクター系
 おわりに
 参考文献

C タンパク質工学

4 部位指定突然変異
 4.1 部位指定突然変異の導入法
 4.2 プロトンATPase(F0F1)に対する部位指定突然変異の応用
 4.3 部位指定突然変異によるタンパク質の安定化
 おわりに
 参考文献

5 タンパク質の化学修飾
 5.1 化学修飾の長所と短所
 5.2 リゾチームの化学修飾
 5.3 セリンプロテアーゼおよびSH酵素の化学修飾
 5.4 アフィニティーラベル
 5.5 タンパク質工学的応用
 5.6 安定性の増強
 5.7 ホモアルギニンの導入による方法
 5.8 タンパク質表面の親水性増強による方法
 5.9 架橋の導入による方法
 5.10 至適pHの変更
 5.11 基質特異性の変更
 参考文献

6 タンパク質と合成高分子との複合体 −タンパク質ハイブリッド−
 6.1 生体親和性の獲得を目指した合成高分子 −タンパク質ハイブリッド
 6.2 アレルゲンの化学修飾
 6.3 バイオマテリアル
 6.4 有機溶媒可溶化酵素および磁性化酵素
 参考文献

D 疑似生命系

7 人工的自己増殖系
 7.1 人工的自己増殖系開発の意義
 7.2 in vitroの人工的自己増殖系
 7.3 部分的にin vitro系を利用した人工的自己増殖系
 参考文献

8 人工的タンパク質合成系
 8.1 生体内タンパク質合成系
 8.2 試験管内タンパク質合成系
 8.3 連続式無細胞タンパク質合成系
 8.4 人工的タンパク質合成系の将来
 参考文献

9 人工的情報物質
 9.1 疑似生命系の化学
 9.2 人工的情報物質とは
 9.3 人工的情報転写系
 9.4 人工的情報解読系
 9.5 人工的情報応答系
 おわりに
 参考文献

10 人工的酵素
 10.1 アポタンパクモデル
 10.2 ビタミンB6活性を示す人工的酵素
 10.3 ビタミンB12活性を示す人工的酵素
 10.4 チトクロームP-450活性を示す人工的酵素
 参考文献

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.