裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ロボット工学(改訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


機械工学選書
ロボット工学(改訂版)
−機械システムのベクトル解析−
Robotics−Vector Analysis of Mechanical System−

東京工業大学名誉教授 工博 広瀬茂男 著
A5判/258頁/定価4860円(本体4500円+税8%)/1996年9月
ISBN978-4-7853-6512-7 (旧ISBN4-7853-6512-9)

 ロボット工学の基礎ともいえる機構学と動力学とを,ベクトル解析の手法を用いて統一的に解析するための方法論を論じた,学部高学年・大学院向けテキスト.
 全体を通じて物理的イメージを強調し,また多くの例題を収め,式の誘導もなるべく省略しないようにするなど,わかりやすい記述への配慮も十分になされている.

 → 正誤表 (pdfファイル)

【目 次】

『ロボット工学(改訂版)』 カバー
1 ベクトル解析の準備
 1.1 ベクトル
 1.2 ベクトル空間と回転
 1.3 主軸まわりの回転
 1.4 任意軸まわりの回転
 1.5 回転変換行列の性質

2 ベクトル解析の応用
 2.1 立体機構解析への応用
 2.2 コンピュータグラフィックスへの応用
 演習問題

3 回転するベクトルの解析
 3.1 角速度,角加速度ベクトル
 3.2 任意軸まわりの角速度ベクトル
 3.3 回転するベクトルの微分方程式
 3.4 回転する変位ベクトルの微分
 3.5 回転する速度ベクトルの微分
 3.6 回転する角速度ベクトルの微分
 3.7 ジャイロ効果の物理的意味
 3.8 回転する角運動量ベクトルの微分
 3.9 慣性テンソル
 演習問題

4 伸縮と回転を行うベクトルの解析
 4.1 基本方程式の誘導
 4.2 伸縮回転する変位ベクトルの微分
 4.3 伸縮回転する速度ベクトルの微分
 4.4 伸縮回転する角速度ベクトルの微分
 4.5 コリオリの加速度の物理的意味
 4.6 伸縮回転する角運動量ベクトルの微分(オイラー方程式の導出)
 4.7 ジャイロ効果の再考

5 立体機構の運動解析
 5.1 ニュートン・オイラー方程式による解析手順
 5.2 ニュートン・オイラー方程式の応用
 演習問題

6 平面ベクトルの解析
 6.1 平面ベクトル
 6.2 平面ベクトルの微分
 6.3 牧野の平面三角形の解法
 6.4 動力学を考慮した平面機構の運動解析
 演習問題

7 アクチュエータ特性を考慮した駆動系設計
 7.1 DCモータの基本原理
 7.2 DCモータの出力と効率
 7.3 DCモータの作動領域
 7.4 モータの加減速特性

8 マニピュレータの順運動学解析
 8.1 空間姿勢の表示
 8.2 マニピュレータの表記法
 8.3 マニピュレータの順運動学解析
 演習問題

9 マニピュレータの逆運動学解析
 9.1 逆運動学解の基本的誘導法
 9.2 6自由度マニピュレータの逆運動学解
 演習問題

10 マニピュレータの微分関係
 10.1 ヤコビ行列
 10.2 逆ヤコビ行列
 10.3 静力学関係
 10.4 コンプライアンス
 演習問題

11 動力学を考慮したマニピュレータ解析
 11.1 マニピュレータ制御の諸手法
 11.2 動力学を考慮したマニピュレータ制御の考え方
 11.3 ニュートン・オイラー法による逆動力学演算
 11.4 全制御系の誘導手順
 演習問題

付録 Denavit-Hartenberg表記と同次変換行列
演習問題解答



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.