裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『パソコンによる材料設計』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


パソコンによる材料設計
−分子動力学法プログラム・フロッピーディスクつき−
Material Design using Personal Computer

京都大学教授 工博 平尾一之・
東京工業大学教授 理博 河村雄行 共著
A5判/230頁/定価6480円(本体6000円+税8%)/1994年10月
ISBN978-4-7853-6803-6 (旧ISBN4-7853-6803-9)

 急速に一般化しつつある材料設計シミュレーションの手法を入門的に解説する.パソコン上で実行可能な本格的ソフトウェアを同包し,すぐに研究・教育に活用することができる.
 具体例豊富な,分子動力学法の入門書としても利用できる.

(3.5インチ2HD〔1.2MBフォーマット〕のフロッピーディスクつき.適用機種はNEC PC-9800シリーズ,Epson PC-X86シリーズおよびDOS/V機.本ソフトウエアの他にMS-DOSシステムとQUICK BASICおよびNDP-Fortran386,MS-FORTRAN(Ver.5)などのFORTRANコンパイラを別途購入することが必要.)

【目 次】

『パソコンによる材料設計』 カバー
1 材料設計と分子動力学法
 1.1 なぜ分子動力学法なのか?
 1.2 分子動力学法の基礎

2 分子動力学法に用いる原子間ポテンシャル
 2.1 経験的原子間ポテンシャル法
 2.2 酸化物凝縮体における原子間ポテンシャルとパラメータ
 2.3 共有結合性物質の原子間ポテンシャル
 2.4 分子軌道法による原子間ポテンシャル
 2.5 密度汎関数法による原子間ポテンシャル

3 分子・材料設計シミュレーションによる新機能探索
 3.1 非晶質化と結晶析出過程のシミュレーション
 3.2 超イオン伝導体
 3.3 フォトニクス材料

4 材料設計支援システムへの展開
 4.1 はじめに
 4.2 パソコンによる材料情報システムとは?
 4.3 パソコンによる分子・材料設計システム
 4.4 パソコンによる総合(インテリジェント)材料設計システムは可能か?

5 分子動力学法シミュレーションプログラムの使い方
 5.1 パソコン分子動力学計算システム概要
 5.2 外部ファイルと入出力情報
 5.3 いくつかの計算例



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.