裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『高分子の劣化』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


高分子の劣化
−原理とその応用−
原題:Polymer Degradation

Wolfram Schnabel 著/
北海道大学名誉教授 理博 相馬純吉 訳
A5判/268頁/定価4536円(本体4200円+税8%)/1993年11月
ISBN978-4-7853-6904-0 (旧ISBN4-7853-6904-3)

 高分子における劣化の原理を明らかにし,各種の劣化を統一的に記述した.劣化全般にわたる広い視野の養成に格好の教科書である.

【目 次】

『高分子の劣化』 カバー
1 序論
 1.1 定義
 1.2 高分子劣化の形態
 1.3 化学反応機構からの見方
 1.4 高分子劣化の検知

2 熱劣化
 2.1 はじめに
 2.2 耐熱性評価のための方法
 2.3 反応機構からの見方
 2.4 耐熱性高分子
 2.5 アブレーション
 2.6 安定性
 2.7 熱分解と高分子分析
 2.8 熱分解と再利用
 2.9 生体高分子の熱分解

3 機械的劣化
 3.1 はじめに
 3.2 反応機構からの見方
 3.3 超音波劣化
 3.4 応用

4 光劣化
 4.1 はじめに
 4.2 反応機構からの見方
 4.3 酸素がないときの劣化
 4.4 光酸化
 4.5 応用

5 高エネルギー照射による劣化
 5.1 はじめに
 5.2 反応機構からの見方
 5.3 種々の状況での合成高分子の劣化
 5.4 生体高分子への放射線効果
 5.5 応用
 5.6 プラズマ化学

6 生物劣化
 6.1 はじめに
 6.2 生物劣化の様式
 6.3 酵素による分解
 6.4 合成高分子の微生物分解
 6.5 生物劣化可能な高分子の合成
 6.6 環境論的見地

7 化学劣化
 7.1 はじめに
 7.2 ソルボリシス
 7.3 オレフィン二重結合の反応
 7.4 酸化劣化
 7.5 イオン劣化
 7.6 選択的劣化
 7.7 大気汚染物質との反応
 7.8 溶液安定性



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.