裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『走査プローブ顕微鏡と局所分光』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


実戦ナノテクノロジー
走査プローブ顕微鏡と局所分光
Scanning Probe Spectroscopy for Nanoscale Science and Technology

筑波大学教授 工博 重川秀実・
豊田工業大学教授 博(工) 吉村雅満・
慶応義塾大学名誉教授 工博 坂田 亮・
東京理科大学教授 工博 河津 璋 共編
A5判/444頁/定価6480円(本体6000円+税8%)/2005年11月
ISBN978-4-7853-6907-1 (旧ISBN4-7853-6907-8)

 半導体から生体材料までの幅広い物質や材料における表面構造や各種物性研究のための最も有効な手法として脚光を浴びている「走査プローブ顕微鏡法」を,研究者のための実戦的入門書として解説.
 基礎原理をはじめ,現在も工夫改良され発展し続けている各種手法まで,最前線で活躍する執筆陣が問題解決へのアイデアを含め解説.

 読者対象 大学4年生〜  (→執筆者一覧『走査プローブ顕微鏡と局所分光』 内容見本

【目 次】

『走査プローブ顕微鏡と局所分光』 カバー
1 はじめに

2 プローブ顕微鏡と局所分光の基礎
 2.1 走査プローブ顕微鏡の基礎
 2.2 電子分光の理論
 2.3 力学分光の理論

3.電子分光
 3.1 トンネル分光
 3.2 スピン偏極トンネル分光
 3.3 局所トンネル障壁・微視的仕事関数計測
 3.4 局所容量計測
 3.5 電気化学分光

4 力学的分光
 4.1 原子間力計測
 4.2 静電気力計測
 4.3 磁気力計測
 4.4 散逸・非保存力計測
 4.5 分子間力計測

5.光学的分光
 5.1 固体の光分光の基礎
 5.2 近接場分光
 5.3 STM 発光分光
 5.4 光 STM
 5.5 局所誘電率計測

6 発展的応用分光
 6.1 微小質量計測
 6.2 局所温度・熱物性計測
 6.3 ナノチューブ探針と多探針計測
 6.4 液中ダイナミックモード計測

7 局所分光の実践例
 7.1 有機・バイオ分子の解析
 7.2 触媒・反応過程の解析
 7.3 半導体量子構造の解析

あとがき
索引 

執筆者一覧
(執筆担当順.[ ]は担当)

河津 璋 [第1章] 長谷川幸雄 [4.1] 松本卓也 [7.1]
森田清三 [2.1]   江口豊明 [4.1]    川合知二 [7.1]
菅原康弘 [2.1]   山田啓文 [4.2,6.4]    福井賢一 [7.2]
塚田 捷 [2.2,2.3]   保坂純男 [4.3]    岩澤康裕 [7.2]
佐々木成朗 [2.3]   富取正彦 [4.4]    大井川治宏 [7.3]
道祖尾恭之 [3.1]   新井豊子 [4.4]
武内 修 [3.1,4.5,5.4]   北島正弘 [5.1]
米田忠弘 [3.1]   中嶋 健 [5.2]
重川秀実 [3.1,4.5,5.4]   上原洋一 [5.3]
末岡和久 [3.2]   潮田資勝 [5.3]
佐々木正洋 [3.3]   長 康雄 [5.5]
中桐伸行 [3.4]   曾根逸人 [6.1]
犬飼潤治 [3.5]   中別府 修 [6.2]
板谷謹悟 [3.5]   吉村雅満 [6.3]



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.