裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『基礎演習シリーズ 熱力学』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

基礎演習シリーズ 
熱力学
Thermodynamics

在庫マーク

東京工業大学名誉教授 理博 三宅 哲 著

A5判/184頁/定価2592円(本体2400円+税8%)/1989年4月発行
ISBN 978-4-7853-8112-7 (旧ISBN 4-7853-8112-4)  C3042

 熱力学をはじめて学ぶ理工系学生用に書かれた同著者による教科書『熱力学』に準じた演習書.
 難解で抽象的な概念に少しでも迷いそうなところをくわしく懇切丁寧に解説.
 本シリーズ好評のコラムでは熱力学に親しみを持たせる話題を掲載.


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.温度
2.熱力学第1法則
3.熱力学第2法則
4.エントロピー
5.熱力学関数
6.平衡条件と熱力学不等式
7.相平衡と化学平衡
8.分子運動と熱力学

詳細目次  

はしがき

1.温度
 基礎事項
  1.1 熱平衡
  1.2 熱力学第0法則
  1.3 温度
  1.4 温度計
  1.5 状態量
  1.6 温度目盛
  1.7 理想気体
  1.8 絶対温度目盛
  1.9 状態方程式
  1.10 ビリアル展開
  1.11 示量変数と強度変数
  1.12 常磁性体
  1.13 理想常磁性体の状態方程式
  1.14 偏微分係数の関係式
 例題/演習問題/問題解答

2.熱力学第1法則
 基礎事項
  2.1 内部エネルギー
  2.2 エネルギーの保存
  2.3 熱的作用
  2.4 熱の仕事当量
  2.5 熱力学第1法則
  2.6 準静的過程
  2.7 準静的仕事
  2.8 熱容量
  2.9 理想気体の内部エネルギー
  2.10 ジュール−トムソン効果
 例題/演習問題/問題解答

3.熱力学第2法則
 基礎事項
  3.1 トムソンの原理
  3.2 クラウジウスの原理
  3.3 熱源
  3.4 サイクル(循環過程)
  3.5 第2種永久機関の不可能性
  3.6 熱機関の効率
  3.7 カルノーのサイクル
  3.8 カルノーの逆サイクル
  3.9 可逆変化と不可逆変化
  3.10 一般の熱機関の効率
  3.11 熱力学的温度
 例題/演習問題/問題解答

4.エントロピー
 基礎事項
  4.1 クラウジウスの不等式
  4.2 可逆変化に関する定理
  4.3 エントロピー
  4.4 不可逆変化とエントロピー
  4.5 エントロピー増大の原理
  4.6 孤立系の平衡条件
  4.7 熱力学第3法則(ネルンストの定理)
  4.8 エントロピーの基準
  4.9 熱と仕事の違い
  4.10 エントロピーの発生
 例題/演習問題/問題解答

5.熱力学関数
 基礎事項
  5.1 熱力学恒等式
  5.2 熱力学特性関数(熱力学関数)
  5.3 ルジャンドル変換
  5.4 マクスウェルの関係式
  5.5 最大仕事(定温変化)
  5.6 有効な仕事
  5.7 最大有効仕事(定温定圧変化)
  5.8 エクセルギー
  5.9 粒子数の変化する系
 例題/演習問題/問題解答

6.平衡条件と熱力学不等式
 基礎事項
  6.1 起こる変化と起こらない変化
  6.2 熱平衡の条件
  6.3 熱力学不等式(1)
  6.4 熱力学不等式(2)
  6.5 熱力学不等式(3)
  6.6 平衡の安定性
  6.7 ル・シャトリエの原理
 例題/演習問題/問題解答

7.熱平衡と化学平衡
 基礎事項
  7.1 相変化(相転移)
  7.2 相図(状態図)
  7.3 三重点
  7.4 臨界点
  7.5 共存の条件
  7.6 安定な相
  7.7 潜熱
  7.8 体積変化
  7.9 クラペイロン−クラウジウスの式
  7.10 連続相転移
  7.11 多成分系の平衡
  7.12 ギブズの相律
  7.13 混合のエントロピー
  7.14 化学反応の平衡条件
  7.15 気体反応
  7.16 質量作用の法則
 例題/演習問題/問題解答

8.分子運動と熱力学
 基礎事項
  8.1 気体の分子運動
  8.2 理想気体の圧力
  8.3 エネルギー等分配の法則
  8.4 理想気体の内部エネルギー
  8.5 衝突頻度
  8.6 微視的状態と巨視的状態
  8.7 分子速度の分布
  8.8 マクスウェルの速度分布関数
  8.9 分子運動とエントロピー
  8.10 ボルツマンの原理
  8.11 固体の分子運動
  8.12 固体の熱容量
 例題/演習問題/問題解答

索引

著作者紹介

三宅 哲
みやけ さとる 
1931年 大阪府に生まれる.東京大学理学部卒業,東京大学大学院博士課程修了.東京大学助手,東京工業大学助教授・教授,拓殖大学教授などを歴任.主な著書に『物性物理学』(サイエンス社),『物理学C』(分担執筆,槇書店)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
『熱力学』
熱力学


関連書籍
『基礎物理学選書18 熱学演習―熱力学』
基礎物理学選書18
熱学演習―熱力学


『基礎演習シリーズ 熱統計力学 』
基礎演習シリーズ
熱統計力学


『大学演習 熱学・統計力学[修訂版]』
大学演習
熱学・統計力学
[修訂版]



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:熱力学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.