裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『《光世紀世界》の歩き方』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 253
《光世紀世界》の歩き方
−近距離恒星の3Dガイドマップ−

元玉川大学教授 工博 石原藤夫 著
四六判/202頁/定価1944円(本体1800円+税8%)/2002年11月
ISBN978-4-7853-8753-2 (旧ISBN4-7853-8753-X)

 ハードSFの新旗手
 小林泰三氏,野尻抱介氏,林 譲治氏 推薦!!

 ──《光世紀世界》とは,太陽系を中心とした1光世紀(=直径100光年)の球状宇宙のことである.そこには千数百の既知の,あるいは未知の恒星が存在しており,われわれ人類の訪問を待ちあぐねている──

 星雲賞を受賞し,アーサー・C・クラーク氏から賞賛されながら,私家製版のためになかば伝説となっていた『光世紀の世界』の書籍化第2弾.
 SF作家でもある著者が,太陽の“隣人”たる近距離の恒星について,さまざまなデータをまとめた「光世紀星表」を収めた前著 『《光世紀世界》への招待』 に続き,本書では,《光世紀世界》を視覚的にとらえられるよう,さまざまに工夫した俯瞰図や展開図,立体視図など多数の「光世紀星図」を収録.また,主要な恒星の紹介や,星の命名法についても詳しく解説しました.

  著者インタビュー オンラインWebマガジン“Anima Solaris”

  → ハードSF作家による推薦の言葉
  → 田巻久雄氏による章扉イラスト


【目 次】

『《光世紀世界》の歩き方』 カバー
1.「光世紀星図」への旅立ち ―星の世界の立体視―
 1・1 16の宙域と60の星域
 1・2 「光世紀星図」の見方と楽しみ方
 1・3 立体的に見せる工夫さまざま

2.遠い未来,遠い過去 ―《光世紀世界》の興亡―
 2・1 《光世紀世界》の時間旅行
 2・2 星団と星雲の物語
  (1)星団
  (2)星雲
 2・3 恒星と星間雲の生々流転
  (1)星間ガスと星間塵
  (2)星間雲

3. 愛すべき無名の星々 ―星の命名法の話―
 3・1 恒星の命名法
 3・2 ニックネームの付いた最輝星
 3・3 星座名を冠した可視星や閃光星
 3・4 近距離恒星の狩人たち
  (1)ウォルフのカタログ
  (2)ロスのカタログ
  (3)ルイテンのカタログ
 3・5 星表名さまざま

4.《光世紀世界》の観光案内 ―15光年以内の星々―
 4・1 至近距離の星々
 4・2 “第1星域”の旅 ―もっとも身近な恒星―
 4・3 “第2星域”の旅 ―伴星をともなう星の星域―
 4・4 “第3星域”の旅 ―多方面での記録保持の星域―
 4・5 “第4星域”の旅 ―太陽に類似した恒星の星域―
 4・6 “第5星域”の旅 ―コロニー建設に最適な星域―

付図 各星域の立体図
謝辞
参考文献
天体名索引
人名索引
事項索引

ハードSF作家による推薦の言葉

小林泰三 氏(日本ホラー小説大賞短編賞受賞「玩具修理者」ほか)

「驚異の物語に魅せられし者たちよ、星々の語り部を志す者たちよ、 豊穣なる銀河世界への入り口は今ここにある!」

野尻抱介 氏(星雲賞受賞「太陽の簒奪者」『ふわふわの泉』ほか)

「星々は二次元の天球に描かれた点像ではない。本書はそこに旅立つ人のために編纂された、人類初の恒星間ロードマップである。」

林 譲治 氏(『ウロボロスの波動』『侵略者の平和』ほか)

「地図を持たずに旅をする人はいない。それは創造/想像の世界でも変わらない。我々が星の世界を想う時、座右には本書があるだろう。」


田巻久雄氏による章扉イラスト
 
1章 「光世紀星図」への旅立ち   2章 遠い未来,遠い過去
 
 
3章 愛すべき無名の星々   4章 《光世紀世界》の観光案内
 

 



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.