裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『軌道エレベータ』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス165
軌道エレベータ
―宇宙へ架ける橋―

元玉川大学教授 工博 石原藤夫・
サイエンスライター  金子隆一 共著
四六判/168頁/定価1620円(本体1500円+税8%)/1997年7月
ISBN978-4-7853-8665-8 (旧ISBN4-7853-8665-7)

 軌道エレベータ(宇宙エレベータ)とは,一方の端が地表に届いてしまうような極度に縦長の静止衛星のこと.衛星から地上まで伸ばしたケーブルを利用すれば,クリーンで効率のよい宇宙への往復移動が可能になります.
 このロケットに代る近未来の宇宙輸送システムについて,その原理や種類,建設のテクノロジー,また月・火星や赤道以外での建設,そしてORSなどを描き出した,世界初の解説書です.
 (松浦晋也著 『われらの有人宇宙船』 もご参照ください)

※2009年7月に早川書房よりハヤカワ文庫NFの1冊として復刊されました.
 詳細は早川書房までお尋ねください.(→ 早川書房の『軌道エレベーター』紹介サイト 
amazonhonto楽天ブックスオムニ7e-honHonya Clubブックサービス


 → イラストを描いていただいた長谷川正治さんのギャラリーへ

【目 次】

『軌道エレベータ』 カバー
1. 軌道エレベータ登場す!
 1.1 ロケットには限界がある
 1.2 それは極端に細長い人工衛星だ!
 1.3 軌道エレベータの起源とSF界への進出

2. 軌道エレベータのテクノロジー
 2.1 どんな材料が必要か?
 2.2 どんな方法で建造するのか?
 2.3 どうやって安定させるのか?

3. 軌道エレベータの新展開
 3.1 地球以外の惑星ではどうなるのか?
 3.2 月と地球を結ぶ方法がある!
 3.3 静止軌道をもちいないアイディア

おわりに
参考文献
付録:「軌道エレベータ」SF作品リスト
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.