裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『パーコレーションの科学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


パーコレーションの科学
Introduction to Percolation Physics

九州大学名誉教授 理博 小田垣 孝 著
A5判/144頁/定価3240円(本体3000円+税8%)/1996年2月
ISBN978-4-7853-1077-6 (旧ISBN4-7853-1077-4) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 自然現象には要素の「つながり」の有無が決定的な役割を果たすものが多い.この解析の手法の基礎から応用までを,物質科学の例を主に用いて解説したものである.
 パーコレーションの入門書としては,小社ポピュラー・サイエンス シリーズに,『つながりの科学 −パーコレーション−』がある.

 → 正誤表 (pdfファイル)
『パーコレーションの科学』 内容見本

【目 次】  →『パーコレーションの科学』 目次

『パーコレーションの科学』 カバー
はじめに (pdfファイル)

1 パーコレーションとは
 1.1 つながりの世界
 1.2 サイト過程・ボンド過程とクラスター

2 1次元格子およびベーテ格子のパーコレーション
 2.1 1次元格子
 2.2 ベーテ格子

3 一般の格子のパーコレーション
 3.1 コンピュータシミュレーション
 3.2 浸透しきい値の厳密解

4 クラスターの解析とスケーリング理論
 4.1 臨界指数
 4.2 ベーテ格子の解析
 4.3 スケーリング理論
 4.4 クラスターのフラクタル次元とハイパースケーリング
 4.5 有限サイズスケーリング

5 繰込み群
 5.1 実空間繰込み群
 5.2 モンテカルロ繰込み群

6 相互作用のある系のパーコレーション
 6.1 分布に相関のある系のパーコレーション
 6.2 格子気体のパーコレーション

7 連続空間におけるパーコレーション
 7.1 次元不変量
 7.2 連続空間中の離散パーコレーション
 7.3 連続系のパーコレーション

8 動的パーコレーション −古典過程−
 8.1 基本方程式
 8.2 1次元ボンド過程の厳密解
 8.3 既約化できる系
 8.4 スケーリング理論
 8.5 d-次元超立方格子上のボンド過程
 8.6 空間的にランダムな系
 8.7 ファジィパーコレーション

9 動的パーコレーション −量子過程−
 9.1 量子パーコレーション
 9.2 臨界指数
 9.3 トンネリングの効果と磁場の効果

10 いくつかの応用例
 10.1 成長過程と伝染病
 10.2 情報の伝播と局在
 10.3 高分子のゲル化
 10.4 インベージョンパーコレーション

付録



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.