裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『基礎量子力学/演習』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


基礎量子力学/演習
―3.5インチフロッピーディスクつき―

元 明治大学教授 理博 小野寺嘉孝 著
A5判/260頁/定価4320円(本体4000円+税8%)/1992年10月
ISBN978-4-7853-2048-5 (旧ISBN4-7853-2048-6)

 量子力学を初めて学ぶ人のための教科書を兼ねた演習書.丁寧な説明とコンピュータを援用した学習とを通常の演習に統合させ,量子力学を学びやすくした.

※ 本書(3.5インチFD版)は品切れ中です.本書をお持ちの方は,ソフトウェア(Visual Basic版ファイル)がダウンロードできます.

    → Visual Basic版ファイルのダウンロードはこちら

【目 次】

『基礎量子力学/演習』 カバー
1 光と物質の波動性と粒子性
 1.1 光の波動性
 1.2 光の粒子性
 1.3 物質の波動性
 1.4 波動性と粒子性の融和
 1.5 光はどちらのスリットを通ったか
 1.6 3個のスリットによる干渉

2 解析力学の復習
 2.1 一般化座標とラグランジアン
 2.2 一般化運動量
 2.3 ハミルトニアン
 2.4 ハミルトン運動方程式
 2.5 ポアソン括弧式

3 不確定性関係
 3.1 不確定性関係とは
 3.2 不確定性関係と位相空間
 3.3 平面波
 3.4 波束と不確定性関係
 3.5 平面波の重ね合せにより作られる波束

4 シュレーディンガー方程式
 4.1 時間を含むシュレーディンガー方程式
 4.2 ハミルトニアンが時間を含まない場合
 4.3 重ね合せの原理
 4.4 1次元自由粒子
 4.5 波動関数の意味
 4.6 波動関数の規格化と期待値
 4.7 内積の定義
 4.8 実在波か確率波か
 4.9 測定による状態の変化

5 波束と群速度
 5.1 位相速度
 5.2 群速度
 5.3 波束と群速度

6 1次元ポテンシャル散乱,トンネル効果
 6.1 確率の流れ
 6.2 階段ポテンシャルへの衝突
 6.3 ポテンシャルの山への衝突
 6.4 デルタ関数ポテンシャルへの衝突

7 1次元ポテンシャルの束縛状態
 7.1 無限に深いポテンシャル井戸の中の束縛状態
 7.2 固有関数の完全性
 7.3 古典力学との対応
 7.4 有限の深さのポテンシャル井戸の中の束縛状態

8 調和振動子
 8.1 調和振動子の固有状態
 8.2 エルミート多項式
 8.3 固有関数の性質
 8.4 固有関数の完全性,調和振動子の波束

9 摂動論
 9.1 縮退のない場合の摂動論
 9.2 縮退した状態に対する摂動論

10 変分法
 10.1 変分原理と変分法
 10.2 運動エネルギーの期待値の計算
 10.3 励起状態を求めるには

11 量子力学の一般論
 11.1 演算子
 11.2 量子力学の基本仮定
 11.3 交換関係と不確定性関係
 11.4 連続固有値とデルタ関数

付録 プログラムリスト



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.