裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『固体物理−磁性・超伝導−(修訂版)』 カバー
 
内容見本タイトル
『固体物理−磁性・超伝導−(修訂版)』 内容見本


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

固体物理 −磁性・超伝導−(修訂版)
Solid State Physics −Magnetism and Superconductivity−

在庫マーク

筑波大学名誉教授 理博 作道恒太郎 著

A5判/204頁/定価3024円(本体2800円+税8%)/1997年4月発行
ISBN 978-4-7853-2053-9 (旧ISBN 4-7853-2053-2)  C3042
(オンデマンド方式による印刷・製本)

 論旨の流れの明確化を図って,見開き左ページに本文を,右ページに図・表・副文を配して,すっきりと見やすく配慮された固体物理の教科書・参考書三分冊の内の第3分冊である.
 本書では,固体の磁性と超伝導を中心に解説する.前半は,磁性入門から始めて強磁性の基礎と応用および磁気共鳴を解説し,後半は,超伝導現象の特性と BCS と GL 理論を要約し,ジョセフソン効果や酸化物超伝導体にも触れる.


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.磁性序論
2.常磁性と反磁性
3.磁気的秩序
4.応用強磁性
5.磁気共鳴
6.超伝導現象
7.超伝導理論
8.超伝導トンネル効果
9.酸化物超伝導体

詳細目次  『固体物理−磁性・超伝導−(修訂版)』 目次

はしがき (pdfファイル)

1 磁性序論
 1.1 角運動量と磁気モーメント
 1.2 原子・分子・固体の磁性
 1.3 磁性イオン
 1.4 磁場中の電子のハミルトニアン

2 常磁性と反磁性
 2.1 磁化率
 2.2 キュリー常磁性
 2.3 ラーモア反磁性
 2.4 伝導電子の磁性

3 磁気的秩序
 3.1 強磁性
 3.2 副格子磁気整列

4 応用強磁性
 4.1 磁気異方性
 4.2 磁化過程
 4.3 磁気応用

5 磁気共鳴
 5.1 総論
 5.2 各論
 5.3 ケース・スタディ

6 超伝導現象
 6.1 基本的性質
 6.2 現象論的解析
 6.3 第 II 種超伝導

7 超伝導理論
 7.1 BCS理論の概要
 7.2 BCS理論の展開
 7.3 GL理論

8 超伝導トンネル効果
 8.1 単電子トンネル効果
 8.2 ジョセフソン効果
 8.3 ジョセフソン効果の応用

9 酸化物超伝導体
 9.1 展望
 9.2 電気的・磁気的性質
 9.3 未完成交響曲 −高Tc の起源

付録
 A.電磁気の単位系
 B.量子力学における角運動量
 C.遷移元素イオンの基底状態とg 因子
 D.結晶場による準位分裂
 E.スピン・ハミルトニアン
 F.ゼーマン準位と共鳴吸収
 G.BCS理論の要約
 H.酸化物超伝導体の結晶構造

参考文献
索引

著作者紹介

作道 恒太郎
さくどう つねたろう 
1928年 愛媛県に生まれる.東京大学理学部卒業.工業技術庁電気試験所,工業技術院電子技術総合研究所基礎部長,筑波大学教授などを歴任.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
『固体物理 −電気伝導・半導体−(修訂版)』
固体物理
−電気伝導・半導体−
(修訂版)


『固体物理 −格子振動・誘電体−(修訂版) 』
固体物理
−格子振動・誘電体−
(修訂版)


この著作者の本
『強誘電体と構造相転移』
強誘電体と構造相転移


関連書籍
『磁性入門』
磁性入門


『磁性学入門』
磁性学入門


『超伝導入門』
超伝導入門



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:物性物理


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.