裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『半導体の理論と応用(上)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


物理学選書6
半導体の理論と応用(上)
−その半世紀の歩み−

東京大学名誉教授 理博 植村泰忠・
東海大学名誉客員教授 理博 菊池 誠 共著
A5判/498頁/定価3240円(本体3000円+税8%)/1960年5月
ISBN978-4-7853-2306-6 (旧ISBN4-7853-2306-X)

 ※物理学選書」の一覧はこちら

【目 次】

I 半導体研究のはじまり
 §1 半導体の主な特長
 §2 半導体の特長はどのように利用されたか

II 半導体のWilson模型
 §1 第2章ではどのような問題を扱うか
 §2 古典電子論と半導体
 §3 結晶内電子の状態
 §4 半導体のWilson模型
 §5 Boltzmannの方程式と半導体の伝導現象

III 金属整流器の発展
 §1 半導体の整流現象
 §2 金属整流器が歩んだ道
 §3 金属整流器の構造と特性
 §4 整流作用はどこで起こるか
 §5 金属整流器の整流理論の展開
 §6 金属整流器研究の戦後の発展
 §7 金属整流器整流理論の全く違う立場

IV Si,Geダイオード及びトランジスタの発展
 §1 はじめに
 §2 1942年前後までの研究
 §3 戦中戦後の研究体勢
 §4 point contact diodeの整流現象の研究
 §5 point contact diodeにからむ本質的問題は他にあった
 §6 Surface statesの導入からトランジスタの誕生へ
 §7 トランジスタの働きを担うもの
 §8 コレクタでの電流増幅
 §9 接合トランジスタの登場
 §10 トランジスタ技術とトランジスタとの発展
 §11 日本におけるトランジスタ技術と工学

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.