裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『炭素・自問自答』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


炭素・自問自答
What is the Carbon for Me?

群馬大学名誉教授 工博 大谷杉郎 著
A5判/134頁/定価2700円(本体2500円+税8%)/1997年3月
ISBN978-4-7853-3056-9 (旧ISBN4-7853-3056-2) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 フラーレンの出現は炭素材料に新しい展開をもたらし,カルビンは炭素材料の新しい顔になりつつある.
 豊かな広がりをみせる炭素材料の本質を「炭素とは何だ?」「炭素原子はどこが違う?」「炭素材料はどうやってつくる?」「これからどうなる,どうする?」の4つの問いかけを軸にあざやかに描きだす.
 対生物特性,電子デバイスへの展開,「カーボンアロイ」など新しい問題も提起して,読者を広大な炭素の世界へと誘う.

【目 次】

『炭素・自問自答』 カバー
1 炭素とは何だ?
 1.1 炭素材料の始まり(第一世代)
 1.2 電気と炭素材料(第二世代)
 1.3 機能を引き出す(第三世代)
 1.4 成長性と多様性

2 炭素原子はどこが違う?
 2.1 周期表中の位置
 2.2 3種類の結合と3種類の同素体
 2.3 状態図
 2.4 さらに多くの同素体
 2.5 炭素同素体をどう考える
 2.6 軽くて小さく,無数の構造

3 炭素材料はどうやってつくる?
 3.1 大きく眺めて
 3.2 炭素をつくる
 3.3 形をつくる
 3.4 調製の要点

4 これからどうなる,どうする?
 4.1 歴史の行方
 4.2 炭素と生物
 4.3 炭素の電子デバイス
 4.4 異種元素との複合
 4.5 耕せば稔も多い

付録A ダイヤモンドの結晶構造
付録B 黒鉛の結晶構造
付録C カルビン及びカルボライトの結晶学的データー
付録D フラーレンC60の主な性質
付録E 黒鉛の面指数



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.