裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『つくる立場からみた 複合材料入門』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


つくる立場からみた 複合材料入門
Introduction to Composite Materials for Chemists

群馬大学名誉教授 工博 大谷杉郎 著
A5判/200頁/定価3024円(本体2800円+税8%)/1995年5月
ISBN978-4-7853-6804-3 (旧ISBN4-7853-6804-7)

 材料関係諸学科のうち,特に化学を専攻する人たちのための複合材料の入門書.
 数学的表現や工学的な用語にできるだけよらないことで,化学専攻の人たちの理解を容易にしている.
 また「複合材料をつくる」という立場に立って,実際の製作工程における問題についても解説されている.
 予備知識を一切必要としない平易な説明で一貫された本書は,入門書としてまさに最適といえよう.

【目 次】

『つくる立場からみた 複合材料入門』 カバー
1 全体を見渡す
 1.1 言葉の定義
 1.2 天然の複合材料
 1.3 複合材料の種類と歴史

2 繊維の複合 −航空・宇宙用先進複合材料−
 2.1 なぜ複合材料なのか
 2.2 繊維素材の開発
 2.3 異方性材料の得失
 2.4 複合材料の製作工程
 2.5 要求される多くの性質
 2.6 特性に関連する諸要素
 2.7 母材としての樹脂
 2.8 複合材料の総合的特性改善
 2.9 加工と組み立て
 2.10 炭素繊維/炭素,炭素繊維/金属複合材料

3 混合による複合 −セメントとポリマーアロイ−
 3.1 セメント系複合材料
 3.2 基本成分の違うセメント
 3.3 繊維補強セメント
 3.4 高分子多成分系材料(ポリマーアロイ)
 3.5 セメントとポリマーアロイの比較

4 積層による複合 −機能性複合材料−
 4.1 積層型複合材料の特徴
 4.2 包装用積層フィルム
 4.3 磁気記録材料(ビデオテープ)

5 まとめ
 5.1 天然物と人工物
 5.2 複合の目的と複合効果
 5.3 共通事項と特殊性



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.