裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『人間環境学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


人間環境学
−環境と福祉の接点−

お茶の水女子大学名誉教授 理博 遠山 益 著
B5判/184頁/2色刷/定価3024円(本体2800円+税8%)/2001年11月
ISBN978-4-7853-5047-5 (旧ISBN4-7853-5047-4)

 環境と福祉の関係は21世紀の社会を支える2本の柱となります.本書では環境と福祉の接点にふれながら,人間を中心的主体とした環境との相互作用について解説しています.

『人間環境学』 内容見本

【目 次】  →『人間環境学』 目次

『人間環境学』 カバー
まえがき (pdfファイル)

1編 人間環境学の基礎

1. 環境とは
 1.1 定義
 1.2 分類
 1.3 環境の評価

2. 環境と福祉の接点 −環境基本法と憲法−
 2.1 福祉と憲法
 2.2 環境と憲法
 2.3 環境と福祉

3. 公害対策基本法から環境基本法へ
 3.1 公害とは
 3.2 公害対策基本法
 3.3 環境基本法

4. 衣環境
 4.1 衣類繊維の原料
 4.2 衣類の製造
 4.3 洗濯排水
 4.4 衣類の廃棄処理

5. 住環境
 5.1 はじめに
 5.2 地球にやさしい住環境
 5.3 バリアフリー住宅 ―高齢化社会に向けて―
 5.4 換気と採光

6. 食環境 ―食品添加物と食品汚染物質―
 6.1 はじめに
 6.2 食品添加物とは
 6.3 食品添加物の安全性
 6.4 食品汚染物質

7. 人口と環境
 7.1 人口爆発
 7.2 人口の収容力
 7.3 人口と環境

2編 環境汚染の発生と対策

8. 大気汚染
 8.1 はじめに
 8.2 硫黄酸化物(SO
 8.3 窒素酸化物(NO
 8.4 光化学スモッグ

9. 酸性雨
 9.1 はじめに
 9.2 酸性雨の発生
 9.3 酸性雨の現状
 9.4 酸性霧

10. 水環境の保全
 10.1 はじめに
 10.2 水質環境基準の設定
 10.3 水質汚濁の現状と対策
 10.4 河川の状況
 10.5 湖沼の状況
 10.6 地下水の状況
 10.7 海洋の状況

11. 土壌環境の現状と対策
 11.1 はじめに
 11.2 農用地の土壌汚染
 11.3 市街地の土壌汚染
 11.4 地盤環境の変化

12. 騒音・振動・悪臭
 12.1 騒音
 12.2 振動
 12.3 悪臭

3編 近年の環境問題と人間生活

13. 地球の温暖化
 13.1 地球は温暖化しているか
 13.2 温室効果ガスと地球温暖化のしくみ
 13.3 地球温暖化の影響
 13.4 温暖化防止の取り組み

14. フロンとオゾン層の破壊
 14.1 フロンとは
 14.2 オゾン層の破壊機構
 14.3 オゾン層の保護対策
 14.4 生体に及ぼす紫外線の影響

15. 森林の減少と砂漠化
 15.1 森林減少の現状と原因
 15.2 人間生活への影響
 15.3 森林の保護と回復
 15.4 砂漠化の現状とその原因
 15.5 砂漠化防止の取り組み

16. 放射線汚染
 16.1 はじめに
 16.2 原子力の利用
 16.3 原子力発電とその安全性
 16.4 放射線とは
 16.5 放射線被曝

17. ダイオキシン
 17.1 はじめに
 17.2 ダイオキシン類とは
 17.3 ダイオキシン類の発生とそのしくみ
 17.4 わが国のダイオキシン汚染の現状
 17.5 ダイオキシン類の生物への影響
 17.6 日常生活における耐容1日摂取量(TDI)
 17.7 ダイオキシン類排出の削減対策
 17.8 おわりに

18. 環境ホルモン
 18.1 はじめに
 18.2 内分泌撹乱物質の定義
 18.3 内分泌撹乱物質の疑いのある化学物質
 18.4 ホルモンとは
 18.5 内分泌撹乱物質と疑われる例

19. 遺伝子組換え食品
 19.1 はじめに
 19.2 遺伝子組換え食品
 19.3 遺伝子組換え食品の安全性

20. 廃棄物とリサイクル対策
 20.1 はじめに
 20.2 一般廃棄物
 20.3 リサイクルの現状
 20.4 産業廃棄物
 20.5 廃棄物の越境移動

 参考書



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.