裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『細胞の運動』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命科学シリーズ
細胞の運動
Cell Motility

兵庫県立大学 副学長 理博 新免輝男 著
A5判/154頁/定価2376円(本体2200円+税8%)/1992年11月
ISBN978-4-7853-5084-0 (旧ISBN4-7853-5084-9)

 細胞運動の分子機構を統一的に理解するために,力の発生機構ごとにまとめて紹介.アクトミオシン系による運動をはじめ,植物生理学においてのみ扱われていた膨圧運動および成長運動にも焦点をあて,運動力の発生機構の違いを解説する.また,刺激に対する反応についても紹介する.

【目 次】

『細胞の運動』 カバー
1 滑り運動の分子機構
 1.1 細胞骨格
 1.2 アクトミオシン系
 1.3 微小管系

2  筋収縮
 2.1 骨格筋
 2.2 心筋
 2.3 平滑筋
 2.4 軟体動物の筋肉における制御機構
 2.5 筋収縮のCa2+制御の機構

3  鞭毛・繊毛運動
 3.1 鞭毛と繊毛
 3.2 微細構造
 3.3 力発生の機構
 3.4 滑り運動の機構
 3.5 滑り運動の屈曲運動への変換
 3.6 鞭毛運動の活性化

4 細胞内輸送
 4.1 原形質流動
 4.2 軸索内輸送
 4.3 魚類の色素胞におけるクロマトソームの輸送

5 アメーバ運動
 5.1 真性粘菌の変形体の運動
 5.2 後部収縮説と前部収縮説
 5.3 小型アメーバにおける研究

6 細胞の分裂
 6.1 体細胞分裂の過程
 6.2 染色体の運動機構
 6.3 細胞質分裂

7 単細胞生物の行動
 7.1 ゾウリムシの回避反応と逃避反応
 7.2 走光性
 7.3 細菌の走化性
 7.4 ツリガネムシの運動

8  膨圧運動
 8.1 植物における運動の種類
 8.2 膨圧とは
 8.3 気孔の運動
 8.4 葉枕運動
 8.5 捕虫運動

主な参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.