裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『細胞のコミュニケーション』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命科学シリーズ
細胞のコミュニケーション
−情報とシグナルからみた細胞−
The Intercommunication of Cells

東京大学名誉教授 理博 木下清一郎 著
A5判/148頁/定価2160円(本体2000円+税8%)/1993年10月
ISBN978-4-7853-5087-1 (旧ISBN4-7853-5087-3)

 高次の生命としての多細胞個体においては,その素材となる細胞と細胞の間に協調と制約が不可欠であり,細胞間にある種のコミュニケーションが成り立たなくてはならない.本書は,細胞を情報とシグナル交換という観点から捉え,個体の発生や情報の伝達,細胞分裂と細胞周期などの現象について,新しい観点も含めて,わかりやすく解説したものである.

【目 次】

『細胞のコミュニケーション』 カバー
1 はじめに
 1.1 第一の生命と第二の生命
 1.2 生命の本質は素材となる要素の性質を制限するシグナルにある
 1.3 細胞の分化と遺伝子
 1.4 個体の死

2 個体の生命
 2.1 個体を成り立たせているもの
 2.2 個体を維持する位置情報網;動的平衡状態にある位置情報
 2.3 母性由来の情報;発生の始まりは母性情報に依存する
 2.4 胚を創造する動的な位置情報;変動状態にある位置情報
 2.5 中胚葉主導の位置情報細密化;両生類における中胚葉域決定
 2.6 体節主導の位置情報細密化;昆虫における体節独立型の発生

3 細胞間シグナル
 3.1 近距離シグナルと遠距離シグナル
 3.2 近距離シグナル伝達の成立;細胞から組織へ
 3.3 遠距離シグナル伝達の成立;内分泌系と神経系の進化
 3.4 内分泌型シグナル
 3.5 神経伝達シグナル
 3.6 細胞のシグナル発信と受容体の進化

4 細胞周期
 4.1 細胞は何故分裂するか
 4.2 細胞周期
 4.3 細胞社会としての個体と,その中での細胞分裂の制御

5 おわりに
 5.1 細胞に現れる最初のシグナル交換
 5.2 シグナル交換依存の生命形態の未来

参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.