裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『植物工場の基礎と実際』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


植物工場の基礎と実際
The Basic and Practices of Plant Factories

東京農業大学客員教授 理博 高辻正基 著
A5判/176頁/定価3132円(本体2900円+税8%)/1996年3月
ISBN978-4-7853-5823-5 (旧ISBN4-7853-5823-8) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 自然環境に左右されない作物の安定生産技術として,また若者に魅力あるハイテクを導入したスマートな農業として,そして新しいアグリビジネスとして,近年,植物工場への関心が非常に高まっている.
 本書は,植物工場についての教科書として,基礎理論から実用的な理論とデータまでを詳説した.

【目 次】

『植物工場の基礎と実際』 カバー
1  植物工場とは
 1.1 定義
 1.2 意義
 1.3 地球環境問題と植物工場
 1.4 沿革
 1.5 わが国の開発の現状
 1.6 三浦濃園
 1.7 ヨーロッパの状況
 1.8 技術課題
 1.9 市場規模とニーズ

2  環境制御と成長モデル
 2.1 植物工場の環境制御
 2.2 環境制御の考え方
 2.3 環境条件の効果
 2.4 成長モデル

3  経済性と生産性
 3.1 完全制御型の経済性分析
 3.2 太陽光利用型の生産性

4  栽培用光源
 4.1 生育に必要な光
 4.2 光強度の単位
 4.3 主要な光源の特性
 4.4 必要な光量
 4.5 半導体素子の利用
 4.6 発光ダイオードによる栽培実験

5  イネ植物工場
 5.1 必要性
 5.2 イネの環境制御
 5.3 植物工場の収量予測

6  種苗工場
 6.1 意義
 6.2 成型苗
 6.3 広義の植物工場
 6.4 クローン増殖
 6.5 自動化

参考書・参考文献
学会・研究会
植物工場対象作物の土壌栽培における主要品種,作型および栽培のポイント
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.