裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『進化の風景』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


進化の風景
−魅せる研究と生物たち−

東京大学名誉教授 理博 石川 統 著
四六判/220頁/定価2376円(本体2200円+税8%)/2000年9月
ISBN978-4-7853-5833-4 (旧ISBN4-7853-5833-5)

 「進化の光に照らしてみたとき初めて,生物学は意味と一貫性をもつに到る」
生物学の泰斗ドブジャンスキーのこの言葉を愛する著者が,自らの研究生活で出会った興味深い現象,不思議な生物たちを題材に,生物研究・進化研究の魅力を語る.
 雑誌 『生物の科学 遺伝』 1998年1月号から二年間にわたって連載され好評を博した 「進化の支流と本流」 をもとに,最新情報を加筆,さらに書き下ろしを加えたもの. 『進化の風景』 内容見本

【目 次】

『進化の風景』 カバー
1.寄生するもの、共生するもの
 1.1 ボルバキア─進化のヒッチハイカーを追う
 1.2 プリオン(タンパク質性伝達因子)の研究
 1.3 アブラムシ・共生・シャペロン・進化
 1.4 高倍数性バクテリアの発見
 1.5 細胞内寄生バクテリアの進化
 1.6 ミトコンドリアゲノムの多様性
 1.7 水素説−改訂版共生説
 1.8 ヒドロゲノソームと嫌気性ミトコンドリア
 1.9 渦鞭毛藻の不思議な葉緑体

2. ダイナミックなゲノムと遺伝子
 2.1 ゲノム解析
 2.2 インシュレーター─ゲノムを区分する
 2.3 しなやかなゲノム
 2.4 三毛猫はメスばかり─X染色体の不活性化機構
 2.5 リボソームRNA談義
 2.6 インテインとタンパク質スプライシング
 2.7 環と線─染色体構造の進化をめぐって
 2.8 ポリメラーゼと鋳型DNA─動くのはどちらか
 2.9 RNAワールドからタンパク質ワールドへ

3. 遺伝子のかなたに
 3.1 カンブリア爆発の火だね─多細胞動物の起源
 3.2 形態進化をあやつる分子シャペロン
 3.3 ナミビアの黄色い真珠
 3.4 多胚性寄生蜂という生き方
 3.5 真社会性動物の新顔たち
 3.6 カエルはなぜ滅びるか
 3.7 植物の植食者対策と寄生蜂

4. 生物科学はどこへ行く
 4.1 生物科学はどこへ行く

用語解説
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.