裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『分子からみた生物学(改訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


献本へ
分子からみた生物学(改訂版)
Biology - on the Basis of Molecules - revised edition

東京大学名誉教授 理博 石川 統 著
B5判/170頁/2色刷/定価2916円(本体2700円+税8%)/2004年6月
ISBN978-4-7853-5204-2 (旧ISBN4-7853-5204-3)

 生物学を分子のレベルから解説した大学1,2年生のための教科書である.
 新しい知見を加えながらも理解をしやすくするために全ページを2色刷にして,図を大きく多数収録した.2004年の改訂ではゲノム研究を中心に,最近の進歩をできるだけ忠実に盛り込むように努めた.
 本書の姉妹書に,細胞のレベルに立って解説した『細胞からみた生物学〔改訂版〕』(太田次郎 著),生物の多様性の視点から解説した『多様性からみた生物学』(岩槻邦男 著)がある.

 → 正誤表 (pdfファイル)

『分子からみた生物学(改訂版)』 内容見本

【目 次】  →『分子からみた生物学(改訂版)』 目次

『分子からみた生物学(改訂版)』 カバー
まえがき (pdfファイル)

1 分子からみた細胞
 1.1 水
 1.2 タンパク質
  囲み記事1 分子シャペロン
 1.3 核 酸
 1.4 糖質と脂質

2 分子からみた代謝とエネルギー
 2.1 酵 素
 2.2 エネルギーとATP
 2.3 酸化と還元
 2.4 光合成
  囲み記事2 化学合成細菌−もう一つの独立栄養生物
 2.5 呼 吸
  囲み記事3 嫌気性ミトコンドリア
 2.6 生物学的仕事
 2.7 窒素同化と窒素固定

3 分子からみた遺伝情報
 3.1 染色体とゲノム
  囲み記事4 ファージ
 3.2 DNAの複製
 3.3 転 写
 3.4 転写産物のプロセシング
  囲み記事5 ヒトの遺伝子と選択的スプライシング
 3.5 翻 訳
  囲み記事6 コドンの使用頻度
 3.6 遺伝子操作
  囲み記事7 RNAi(RNA干渉)
  囲み記事8 一塩基多型(SNPs)

4 分子からみた発生現象
 4.1 配偶子形成と受精
 4.2 初期発生
  囲み記事9 DNAマイクロアレイ
 4.3 誘 導
 4.4 形態形成と遺伝子発現
  囲み記事10 クローン動物と代替臓器の作製

5 分子からみた情報伝達
 5.1 神経系
 5.2 内分泌系
 5.3 免疫系
  囲み記事11 免疫寛容と自己免疫疾患
 5.4 細胞内シグナル伝達

6 分子からみた生命の歴史
 6.1 生命の起原
 6.2 細胞の進化
 6.3 分子進化の法則
  囲み記事12 形態進化と分子進化



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.