裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『細胞からみた生物学(改訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


献本へ
細胞からみた 生物学(改訂版)
Biology -on the Basis of the Cell- revised edition

お茶の水女子大学名誉教授 理博 太田次郎 著
B5判/154頁/定価2592円(本体2400円+税8%)/2002年10月
ISBN978-4-7853-5049-9 (旧ISBN4-7853-5049-0)


 現代の生物学は,多方面にわたって進展しており,その内容も次第に膨大になりつつある. そのために,限られた時間内で,生物学のすべてを学ぶことは困難な状況にある.
本書はこのようなことを考慮して,大学1,2年生を対象に,現代の生物学を細胞のレベルに立って,解説した教科書である.2002年の改訂では今話題となっている生物学上の重要な問題のいくつかを,囲み記事で解説した.
 また本書の姉妹書に,分子のレベルに立って解説した『分子からみた生物学(改訂版)』(石川 統 著),生物の多様性の視点から解説した『多様性からみた生物学』(岩槻邦男 著)がある.

 → 正誤表 (pdfファイル)

『細胞からみた生物学(改訂版)』 内容見本

【目 次】  →『細胞からみた生物学(改訂版)』 目次

『細胞からみた生物学(改訂版)』 カバー
まえがき (pdfファイル)

はじめに
 生物のすがた
 形を決めるもの
 博物学から生物学へ

1 生物体の成り立ち
 1.1 生命の単位
 1.2 細胞の構造と機能
 1.3 多細胞生物の成り立ち

2 生物の活動とエネルギー
 2.1 物質代謝とエネルギー代謝
 2.2 光合成
 2.3 解糖と呼吸
 2.4 エネルギーの利用

3 生物体の調節
 3.1 神経による調節
 3.2 ホルモンによる調節
 3.3 ホメオスタシス
 3.4 免疫
 3.5 植物体の調節

4 生物の連続性
 4.1 性と生殖
 4.2 発生と分化
 4.3 遺 伝
 4.4 遺伝子工学
 4.5 変 異

5 生物の変遷
 5.1 生命の起源
 5.2 進化の道筋
 5.3 生物の世界

参考書
索 引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.