裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『熱力学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


機械工学選書
熱力学
Thermodynamics

東京工業大学副学長 工博 斎藤彬夫・
山梨大学名誉教授 工博 一宮浩市 共著
A5判/192頁/定価3672円(本体3400円+税8%)/1990年4月
ISBN978-4-7853-6505-9 (旧ISBN4-7853-6505-6)

 熱力学を初めて学ぶ大学・高専の学生を主な対象に,必要最小限の内容に絞りこんで簡潔にまとめあげられたテキスト.各章末に精選された演習問題を収め,巻末には解答を用意した.
 抽象的になりがちな基礎概念を例示によって平易に解説したうえで,実際の応用に必要な具体的問題の基礎理論についても説明を加えた.

【目 次】

『熱力学』 カバー
1 序論
 1.1 熱力学的平衡
 1.2 熱力学の第0法則
 1.3 カルノーの熱機関
 1.4 温度
 1.5 状態量
 演習問題

2 エネルギー
 2.1 ジュールの実験
 2.2 内部エネルギー
 2.3 準静的過程における閉じた系の仕事
 2.4 エンタルピー
 2.5 工業仕事と絶対仕事
 2.6 熱力学の第1法則
 2.7 定容比熱と定圧比熱
 2.8 物質の混合
 演習問題

3 理想気体
 3.1 理想気体の状態式
 3.2 一般ガス定数
 3.3 理想気体の内部エネルギーとエンタルピー
 3.4 エネルギー等分配則
 3.5 理想気体の状態変化
 3.6 理想気体の混合
 演習問題

4 エントロピーとその周辺
 4.1 熱機関と冷凍機
 4.2 熱力学の第2法則
 4.3 カルノーサイクルの効率
 4.4 クラウジウスの積分
 4.5 エントロピー
 4.6 理想気体のエントロピー変化
 4.7 自由エネルギーと自由エンタルピー
 演習問題

5 熱力学の一般関係式
 5.1 状態量と状態量の微分値の関係式
 5.2 マクスウェルの関係式
 5.3 比熱の一般関係式
 5.4 ジュール・トムソン効果
 演習問題

6 ガスサイクル
 6.1 カルノーサイクル
 6.2 オットーサイクル
 6.3 ディーゼルサイクル
 6.4 サバテサイクル
 6.5 実際の内燃機関サイクル
 6.6 ブレイトンサイクル
 6.7 エリクソンサイクル
 6.8 スターリングサイクル
 6.9 圧縮機サイクル
 演習問題

7 燃焼
 7.1 理論空気量
 7.2 理論燃焼ガス量
 7.3 発熱量
 7.4 燃焼温度
 演習問題

8 蒸気の性質および状態変化
 8.1 液体から蒸気へ
 8.2 圧縮液
 8.3 飽和液
 8.4 蒸発過程
 8.5 飽和蒸気
 8.6 過熱蒸気
 8.7 固体・液体・気体の3相
 8.8 蒸気表と蒸気線図
 8.9 蒸気の状態変化による熱の出入
 8.10 湿り空気
 演習問題

9 蒸気サイクル
 9.1 ランキンサイクル
 9.2 再生サイクル
 9.3 再熱サイクル
 9.4 再熱・再生サイクル
 9.5 二流体サイクル
 9.6 冷凍サイクル
 9.7 冷媒
 9.8 ヒートポンプ
 演習問題

10 蒸気(ガス)の流動
 10.1 定常流の基礎式
 10.2 音速
 10.3 等エントロピー流
 10.4 ノズル内の流れ
 10.5 摩擦のある流れ
 10.6 管内の流れ
 10.7 衝撃波
 10.8 翼列内の流れ
 演習問題

 問題解答



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.