裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『粒子性・波動性』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

基礎物理学選書 6 
粒子性・波動性

在庫マーク

元 山梨大学教授  井田幸次郎 著

A5判/146頁/定価1980円(本体1800円+税10%)/1969年7月発行
ISBN 978-4-7853-2107-9 (旧ISBN 4-7853-2107-5)  C3042

 量子論について考え始めるときは、何らかのイメージやアイデアをもたなければならない。しかもそれはきわめて単純に表現され、計算は次の歩みに過ぎない。
 本書では、この量子論の最も根本的な思想を定式化することを試みた。数式はほんの数えるほどしか使用しないため、文科系の学生でも“読み物”のように容易に読み進めることができるであろう。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.光の粒子性
2.スペクトル線と原子構造
3.波動としての電子
4.古典論と量子化
5.粒子の量子化
6.波動の量子化
7.素粒子の世界

詳細目次

まえがき

1.光の粒子性
 1.1 エネルギー量子
 1.2 光電効果
 1.3 Compton効果

2.スペクトル線と原子構造
 2.1 原子の構造
 2.2 断熱原理と対応原理
 2.3 電子のスピン

3.波動としての電子
 3.1 電子波
 3.2 電子波の実在性

4.古典論と量子化
 4.1 自然の直観的な像
 4.2 波動の性質
 4.3 波動と粒子の二重性
 4.4 古典論と量子化

5.粒子の量子化
 5.1 古典的粒子
 5.2 量子化された粒子

6.波動の量子化
 6.1 電磁場 波動場の典型
 6.2 古典的波動としての電子波
 6.3 量子化された波動
 6.4 量子電気力学

7.素粒子の世界
 7.1 ベータ崩壊と中間子
 7.2 素粒子の群像
 7.3 素粒子の要素性と複合性

索引

著作者紹介

井田 幸次郎
いだ こうじろう 
1925年 兵庫県に生まれる。旧制第一高等学校を経て東京帝国大学理学部卒業。東京大学講師、山梨大学助教授・教授などを歴任。主な著書・訳書に『物理空間とは何か』(三省堂),『やさしい熱力学』(東京図書)、シュボルスキー著『原子物理学 I,II』(共訳、東京図書)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:量子力学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.