裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『文系でも3時間でわかる 超有機化学入門』 カバー
 
内容見本タイトル
『文系でも3時間でわかる 超有機化学入門』 内容見本


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

文系でも3時間でわかる 超有機化学入門
−研究者120年の熱狂−

在庫マーク

学習院大学助教 博士(工学) 諸藤達也 著

四六判/176頁/4色刷/定価1870円(本体1700円+税10%)/2021年12月発行
ISBN 978-4-7853-3519-9  C3043

 ★文理を問わず大歓迎! たった3時間で有機化学が楽しめる★

カラー(4色)マーク  今や暮らしに欠かせないスマホの液晶や、有機EL材料、高血圧の治療薬。
 これらは「有機化学」の技術、とくに近年ノーベル賞の受賞対象となった「クロスカップリング反応」の成果によって生み出されている。しかし、その実現には120年にもおよぶ研究者たちの挑戦があった――。
 本書は、偉大な研究者たちが120年間何を考え、どう挑んだのかを、対話形式&ストーリー仕立てでエンタメ要素たっぷりに紐解いていく。“この1冊を読む3時間で有機化学が楽しめる”をコンセプトに、教育系YouTuberとしても活躍の場を広げる著者が、創意工夫を凝らし、文系・理系を問わず読みやすい入門書として執筆。多くの方に、実現までのスト―リーをお楽しみいただけるだろう。

◆おすすめポイント◆

化学が苦手な文系高校生を主人公にしているので、初学者にも読みやすい!
ノーベル賞研究を題材に、「研究」という営みがどのようなものか学べる!
難解なイメージを持ちやすい反応機構は、オリジナルのイラストでわかりやすく解説!


★化学ギライな文系高校生&大学院生の対話形式で、わかりやすく解説します!
内容見本1

※詳しくは左上の「内容見本」(PDFファイル)をご覧ください。

★文系高校生のアイコンは全部で13種類!
高校生キャラ1
ベンゼンって何なんですか!
高校生キャラ2
えぇー!ノーベル賞?
高校生キャラ3
三つ目のアイデア…?
高校生キャラ4
逆転の発想ですね!

★元素のキャラクターで、反応のメカニズムを楽しく学べます!(画像をクリックすると拡大します)
元素キャラクターによる反応1
炭素と炭素をくっつける反応
元素キャラクターによる反応2
炭素が会話?!
電子のやりとりがはじまります。
元素キャラクターによる反応3
還元的離脱
ニッケル(Ni)が炭素と炭素を
引き合わせます。

諸藤先生による各サイトへのリンク

有機化学論文研究所 (Webサイト)
もろぴー有機化学・研究ちゃんねる (YouTubeチャンネル)

サポート情報

はじめに  登場人物紹介  あとがき (以上 pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

第1週 有機化学はつまらない?
第2週 六角形をつなぐ旅のはじまり
第3週 未来へ紡ぐ山本明夫 −働くニッケル−
第4週 革命の時 −熊田・玉尾・コリュ−カップリング−
第5週 周期表の旅人
第6週 人類の到達点
第7週 研究はどのように評価される?
第8週 究極の反応を目指して
第9週 火星には旗が立っていた −ヴァンヘルデン・バ−バ−グカップリング−
第10週 夢の反応 −村井反応−
第11週 輝く星 キ−ス・ファニュ−
第12週 定跡を外す ArPTZ+
第13週 旅は終わらない

詳細目次  →『文系でも3時間でわかる 超有機化学入門』目次

はじめに (pdfファイル)
登場人物紹介 (pdfファイル)

第1週 有機化学はつまらない?
 1 線一本でノーベル賞
 2 なぜ六角形をつなぐことが大事なのか?
 旅支度(1) 有機化学とは??
 旅支度(2) 構造式に慣れよう
 旅支度(3) 炭素にはプラスとマイナスがある
 旅支度(4) 炭素と炭素をくっつける

第2週 六角形をつなぐ旅のはじまり
 1 ベンゼン環とベンゼン環はくっつかない?
 2 夜明けを告げるウルマンカップリング

第3週 未来へ紡ぐ山本明夫 −働くニッケル−

第4週 革命の時 −熊田・玉尾・コリュ−カップリング−

第5週 周期表の旅人
 1 熊田・玉尾・コリュ−カップリングを超えるために
 2 周期表を旅する根岸英一

第6週 人類の到達点
 1 最強の鈴木・宮浦カップリング
 2 最強の反応が変える世界

第7週 研究はどのように評価される?
 1 虎は生まれた時から虎か?
 2 ノ−ベル賞は誰の手に?

第8週 究極の反応を目指して

第9週 火星には旗が立っていた −ヴァンヘルデン・バ−バ−グカップリング−

第10週 夢の反応 −村井反応−

第11週 輝く星 キ−ス・ファニュ−

第12週 定跡を外す ArPTZ+

第13週 旅は終わらない

文献
あとがき/special thanks (pdfファイル)

著作者紹介

諸藤 達也
もろふじ たつや 
2011年 京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科博士課程修了。花王株式会社で研究員として勤務。2018年同社を退社し、学習院大学助教に着任。すでに16報の論文を国際誌に発表している。現在、研究者として論文を執筆する傍ら、YouTubeにおいて有機化学の講義動画や、日常に関する化学雑学を130本以上配信している。専門は有機化学。

(情報は初版刊行時のものです



教科書をお探しの先生方へ


化学
化学:有機化学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.