裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『デジタル放送』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

NetComライブラリ 
デジタル放送 −統一された放送のしくみ−
Digital Broadcasting

在庫マーク

元 日本放送協会 工博 河合直樹 編著 
執筆:河合直樹・加井謙二郎・村田敏明

A5判/160頁/定価2970円(本体2700円+税10%)/2003年10月発行
ISBN 978-4-7853-6814-2 (旧ISBN 4-7853-6814-4)  C3055
(オンデマンド方式による印刷・製本)

 本書は、21世紀の重要な社会インフラとなるデジタル放送の基本技術を、ISDBの発想から説き起こし解説したもので、情報社会とその文化創造にかかわろうとする技術者や企業家の参考となることを期待して執筆された。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.本格的なデジタル放送への転換
2.21世紀の放送 −ISDB−
3.放送に適した映像と音声の符号化
4.データ放送サービスの技術
5.ISDBの要となる信号多重化
6.デジタル放送の伝送技術
7.デジタル放送のための受信機

詳細目次  

はじめに

1.本格的なデジタル放送への転換
 1.1 日本のデジタル放送の状況
 1.2 海外のデジタル放送の状況

2.21世紀の放送 −ISDB−
 2.1 ISDBは何を目指すのか
 2.2 理想的な放送の要求条件とは
 2.3 放送のレイヤモデル
 2.4 ISDBのサービス

3.放送に適した映像と音声の符号化
 3.1 MPEG2による映像の符号化
 3.2 MPEG2による音声の符号化

4.データ放送サービスの技術
 4.1 拡張性のある参照モデル
 4.2 データ放送の多彩な表現
 4.3 インタラクティブな利用を可能とする技術
 4.4 データ放送の伝送技術

5.ISDBの要となる信号多重化
 5.1 効率のよいパケット多重
 5.2 多重信号の生成
 5.3 番組を取り出すためのPID
 5.4 MPEG2 Systemsの多重方式
 5.5 番組の視聴方法
 5.6 映像・音声の同期

6.デジタル放送の伝送技術
 6.1 BSデジタル放送の伝送
 6.2 地上デジタル放送の伝送
 6.3 ケーブルテレビのデジタル伝送

7.デジタル放送のための受信機
 7.1 デジタルTV受信機の構成
 7.2 DEMUX
 7.3 映像と音声の復号
 7.4 番組表の表示
 7.5 走査フォーマット変換
 7.6 YC分離
 7.7 LSIへの課題
 7.8 受信機の開発動向
 7.9 むすび

より深く理解するために
索引

著作者紹介

河合 直樹
かわい なおき 
1976年 慶應義塾大学工学部卒業、東京工業大学大学院工学研究科修士課程修了。日本放送協会勤務、同放送技術研究所部長などを歴任。

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
『NetComライブラリ』


教科書をお探しの先生方へ


電気・電子工学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.