裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『地球環境の化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


化学選書
地球環境の化学 

名古屋大学名誉教授 理博 北野 康 著
A5判/248頁/定価3780円(本体3500円+税8%)/1984年10月
ISBN978-4-7853-3304-1 (旧ISBN4-7853-3304-9)

 本書は,水に主役の座を演じさせて,生物の生存場の形成と発展の過程を描写したものである.
 まず,最初に太陽系という空間を通し,また地球の45億年という年齢を通してみた生物の生存環境の位置付けを論じた.そのような背景の中で,生物の現在の生存場の化学とその形成過程を示し,そして最後に具体的な環境問題に関係するテーマを取り上げて論述した.
 環境とか場の認識と,そこに存在する問題への対処と解決に向けて,化学がいかに重要な役割を担っており,また化学者の活動がいかに強く期待され,要請されなければならないか,本書を通してそれを感じ取ってもらえるであろう.

【目 次】

1.序論 −生物の生存場−
2.地球の内部構造と近くの化学組成
3.大気,水圏,地殻および生命の誕生
4.地球表層における水の存在
5.水分子の異常性とそれに関する二,三の話題
6.海は生命の誕生の場
7.大気と海水の進化
8.大気と種々の天然水の化学
9.地球上における物の動き
10.土壌の化学
11.化学元素の動きから見た環境小論
付録
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.