裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『これからの両棲類学』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

これからの両棲類学
The Directions in Batrachology

在庫マーク

京都大学名誉教授 理博 松井正文 編

A5判上製/316頁/定価4968円(本体4600円+税8%)/2005年8月発行
ISBN 978-4-7853-5839-6 (旧ISBN 4-7853-5839-4)  C3045

 現生の両棲類は,尾と四肢を留めた有尾(サンショウウオ)目,四肢を失った無足(アシナシイモリ)目,尾のない無尾(カエル)目の3群からなり,日本には有尾目22種,無尾目38種(と5亜種)が生息する.その約80%が日本だけに見られる固有種である.
 本書は,21世紀の両棲類研究の礎となるべく,進展する両棲類研究の中で,とくに生態と行動,遺伝と系統,保全と飼育を中心に,第一線の研究者が研究の現状と将来展望を紹介する.

 日本図書館協会選定図書


サポート情報

正誤表 (pdfファイル)

目次 (章タイトル)  → 詳細目次

第 I 編 両棲類学の現状
 1.両棲類学と日本の現状 [松井正文]
第 II 編 両棲類の生態と行動
 2.両棲類の生態研究 −両棲類の繁殖移動を例として− [草野 保]
 3.オオサンショウウオの生態 [栃本武良]
 4.小型サンショウウオの繁殖生態 [秋田喜憲]
 5.小型サンショウウオ類の年齢 [見澤康充]
 6.イモリ類の繁殖生態 [田中 聡]
 7.モリアオガエルの生態 [戸田光彦]
 8.カエルの食性 [平井利明]
 9.両棲類の行動研究 [福山欣司]
 10.トノサマガエル−ダルマガエルの繁殖行動 [下山良平]
第 III 編 両棲類の遺伝と系統
 11.カエルの遺伝学研究 [住田正幸]
 12.カエルの染色体進化と性染色体の分化 [三浦郁夫]
 13.DNAによる両棲類の分子系統学 [田中−上野寛子]
 14.ヌマガエルの種分化 [戸田 守]
第 IV 編 両棲類の保全と飼育
 15.両棲類の保全 [大河内 勇]
 16.両棲類と環境汚染 [坂 雅宏]
 17.オオサンショウウオの保全 [栃本武良]
 18.有尾類の飼育 [池田 純]
 19.カエル類の飼育 [沼澤マヤ]
第 V 編 両棲類学の未来
 20.両棲類学の将来に向けて [松井正文]

詳細目次

第 I 編 両棲類学の現状

1.両棲類学と日本の現状 [松井正文]
 1-1 はじめに −両棲類学とは−
 1-2 両棲類とは
  1-2-1 両棲類の特徴
  1-2-2 日本の両棲類相
 1-3 日本における両棲類研究の歴史
 1-4 両棲類研究の現状
  1-4-1 日本における両棲類研究の現状
  1-4-2 世界における両棲類研究の現状
 1-5 おわりに

第 II 編 両棲類の生態と行動

2.両棲類の生態研究 −両棲類の繁殖移動を例として− [草野 保]
 2-1 水辺と陸地のはざまに生きる両棲類
 2-2 繁殖移動に関する研究
  2-2-1 繁殖移動に関わる問題と調査方法
  2-2-2 カエル類の移動分散
  2-2-3 サンショウウオ類の移動分散
 2-3 おわりに

3.オオサンショウウオの生態 [栃本武良]
 3-1 はじめに
 3-2 成体の生活
  3-2-1 日周性
  3-2-2 年周性
  3-2-3 摂餌行動
  3-2-4 繁殖行動
 3-3 幼生の生活
  3-3-1 発生と孵化
  3-3-2 変態までの成長
  3-3-3 変態後の成長
  3-3-4 幼生の日周・年周活動

4.小型サンショウウオの繁殖生態 [秋田喜憲]
 4-1 日本産小型サンショウウオ
 4-2 繁殖生態
  4-2-1 産卵場への移動
  4-2-2 繁殖前の雄の行動
  4-2-3 雄のなわばり行動
  4-2-4 産 卵
  4-2-5 雄の助産行動
  4-2-6 産卵場所選定と卵のう中の卵数など
 4-4 おわりに

5.小型サンショウウオ類の年齢 [見澤康充]
 5-1 はじめに
 5-2 両棲類の年齢を推定する方法
 5-3 両棲類の骨組織を用いた年齢査定
  5-3-1 骨組織を用いた年齢査定法
  5-3-2 年齢査定に用いる骨
  5-3-3 骨組織の再吸収によるLAGの破壊
 5-4 ヒダサンショウウオの骨組織を用いた年齢査定
  5-4-1 LAGの形成
  5-4-2 性成熟年齢と寿命
  5-4-3 年齢と性的二型
  5-4-4 2個体群間における大きさの変異と年齢
 5-5 まとめ

6.イモリ類の繁殖生態 [田中 聡]
 6-1 はじめに
 6-2 多様なライフサイクルと繁殖様式
 6-3 生殖サイクル、繁殖移動と実効性比
 6-4 イモリ類の配偶戦略:性行動の多様性
  6-4-1 精包の授受
  6-4-2 性的干渉と性的防衛
  6-4-3 配偶相手の選択と精子競争
 6-5 産卵生態
 6-6 おわりに

7.モリアオガエルの生態 [戸田光彦]
 7-1 はじめに
 7-2 調査地の概要
 7-3 非繁殖個体の生息環境
  7-3-1 調査方法
  7-3-2 モリアオガエルはこんなところにいる
 7-4 食 性
  7-4-1 調査方法
  7-4-2 モリアオガエルはこんなものを食べている
 7-5 成長と成熟
  7-5-1 調査方法
  7-5-2 モリアオガエルはこのように大きくなる

8.カエルの食性 [平井利明]
 8-1 はじめに
 8-2 食性調査の方法
 8-3 トノサマガエルの餌構成
 8-4 餌の利用可能度と餌構成の関係
 8-5 成長に伴う食性の変化
 8-6 おわりに

9.両棲類の行動研究 [福山欣司]
 9-1 両棲類の行動(行動生態)研究の最近の動向
 9-2 両棲類の配偶行動
  9-2-1 カエル類の配偶行動の特徴
  9-2-2 サンショウウオ類の配偶行動の特徴
  9-2-3 性フェロモン
  9-2-4 日本の両棲類の配偶行動
 9-3 子育て
  9-3-1 子育ての種類
  9-3-2 子育てを担当する性
 9-4 幼生期の行動
  9-4-1 対捕食者行動
  9-4-2 共食い行動
  9-4-3 血縁認識
 9-5 今後の研究

10.トノサマガエル−ダルマガエルの繁殖行動 [下山良平]
 10-1 はじめに
 10-2 繁殖個体のサイズ
 10-3 繁殖期と繁殖活動
  10-3-1 伊那谷でのトノサマガエルとダルマガエルの繁殖期
  10-3-2 繁殖活動の日周性
  10-3-3 繁殖活動の季節的変動
 10-4 配偶行動
  10-4-1 トノサマガエルの配偶行動
  10-4-2 ダルマガエルの配偶行動
 10-5 トノサマガエルとダルマガエルの種間関係
  10-5-1 混合コーラス
  10-5-2 音声レパートリーと音声成分
  10-5-3 種間交雑
 10-6 おわりに

第 III 編 両棲類の遺伝と系統

11.カエルの遺伝学研究 [住田正幸]
 11-1 はじめに
 11-2 遺伝子マッピング
  11-2-1 性連鎖遺伝子
  11-2-2 連鎖地図
 11-3 色彩突然変異
  11-3-1 遺伝様式と遺伝子座
  11-3-2 チロシナーゼ遺伝子
 11-4 ミトコンドリアDNAとリボソームDNAの分子遺伝学
  11-4-1 ミトコンドリアDNAの全塩基配列の解析
  11-4-2 ミトコンドリアDNAのD-ループ領域
    およびその近傍の遺伝子の各タクサにおける塩基置換率
  11-4-3 リボソームDNA
  11-5 おわりに

12.カエルの染色体進化と性染色体の分化 [三浦郁夫]
 12-1 はじめに
 12-2 カエルの染色体進化
  12-2-1 カエルの染色体進化は収斂的か保守的か
  12-2-2 G-バンディングに代わるDNA複製バンディング
  12-2-3 24本と26本の違い
  12-2-4 科を越えて保存される染色体
 12-3 性染色体の分化と性決定
  12-3-1 なぜ形が変わるのか
  12-3-2 偶然による固定 −ニホンアカガエルの場合−
  12-3-3 雄性決定遺伝子座の位置は変わる
  12-3-4 繰り返し変換する性決定機構
  12-3-5 ツチガエル
 12-6 おわりに

13.DNAによる両棲類の分子系統学 [田中−上野寛子]
 13-1 系統分類学へのDNA分析技術の導入
 13-2 DNAに基づく日本産アカガエル類の進化史の再構成
  13-2-1 形態分類の限界
  13-2-2 体系分類とDNA系統樹
  13-2-3 両棲類の分子時計
  13-2-4 日本産アカガエル類の進化史
 13-3 これからのDNA利用法 −絶滅危惧種の遺伝的調査−

14.ヌマガエルの種分化 [戸田 守]
 14-1 はじめに
 14-2 日本産両棲類の中でのヌマガエルの特殊性
 14-3 日本本土と中部琉球の集団と周辺地域の集団の遺伝的関係
 14-4 東アジアにおけるヌマガエルの変異 −南部琉球集団と台湾東部集団−
 14-5 三つの遺伝的系統群が生じた歴史的背景
 14-6 東南アジアのヌマガエルの遺伝的分化と分類
 14-7 今後の研究に向けて

第 IV 編 両棲類の保全と飼育

15.両棲類の保全 [大河内 勇]
 15-1 はじめに
 15-2 両棲類の減少の原因
  15-2-1 減少要因の解明とモニタリング
  15-2-2 直接的な捕獲
  15-2-3 移入種の影響
  15-2-4 生息地の分断化、劣化
  15-2-5 環境汚染と地球環境問題
 15-3 両棲類の保護・保全手法
  15-3-1 保全の二つの考え方
  15-3-2 生息地とともに保全する
  15-3-3 個別に保護する
 15-4 両棲類の保護の実例
 15-5 おわりに

16.両棲類と環境汚染 [坂 雅宏]
 16-1 はじめに
 16-2 紫外線の影響
 16-3 酸性雨の影響
 16-4 化学物質による汚染の影響
  16-4-1 農薬の影響
  16-4-2 内分泌攪乱化学物質
 16-5 その他の環境汚染による影響
 16-6 今後の研究課題

17.オオサンショウウオの保全 [栃本武良]
 17-1 はじめに
 17-2 オオサンショウウオの保全のために何が必要なのか
  17-2-1 生態調査
  17-2-2 河川工事
  17-2-3 多自然型河川工事の手法
 17-3 オオサンショウウオに配慮した河川工事の事例
  17-3-1 兵庫県養父市 円山川水系大屋川支流建屋川
  17-3-2 兵庫県篠山市 武庫川水系羽束川支流西山川
  17-3-3 兵庫県朝来市 市川水系本流
  17-3-4 大阪府豊能郡能勢町 武庫川水系羽束川上流天王川
 17-4 保全のために

18.有尾類の飼育 [池田 純]
 18-1 はじめに
 18-2 有尾類と飼育
  18-2-1 有尾類飼育の目的
  18-2-2 飼育対象となる種
 18-3 飼育技術の実際
  18-3-1 飼育ケージ
  18-3-2 餌
  18-3-3 病気と治療
  18-3-4 繁 殖

19.カエル類の飼育 [沼澤マヤ]
 19-1 はじめに
 19-2 ダルマガエル絶滅危惧個体群
 19-3 屋外飼育の方法
  19-3-1 繁殖用水槽
  19-3-2 非繁殖期用の容器
 19-4 餌
  19-4-1 幼 生
  19-4-2 変態過程の幼生
  19-4-3 幼体から成体
 19-5 病 気
  19-5-1 赤足病
  19-5-2 真菌類の感染症
  19-5-3 寄生虫
  19-5-4 外 傷
  19-5-5 胃脱・直腸脱・総排出腔脱
  19-5-6 腸閉塞
  19-5-7 代謝性骨疾患・脚弱症候群
  19-5-8 眼疾患
  19-5-9 浮腫症候群
  19-5-10 中 毒
  19-5-11 予防(取り扱いと運搬方法)
 19-6 その他の問題点
 19-7 おわりに

第 V 編 両棲類学の未来

20.両棲類学の将来に向けて [松井正文]
 20-1 両棲類の研究上の長所、短所
 20-2 残された問題点
  20-2-1 生態学的研究
  20-2-2 遺伝学的、系統学的研究
  20-2-3 保全学・飼育学的研究
 20-3 その他の研究課題と将来の問題
  20-3-1 その他の研究課題
  20-3-2 日本における両棲類研究の将来の問題
 20-4 付録:両棲類学を始める人のために
  20-4-1 日本の学会・研究会など
  20-4-2 国外の学会など
  20-4-3 日本の研究機関

参考文献・引用文献一覧
生物名(和名)索引
生物名(学名)索引
事項索引
編集者・執筆者紹介

著作者紹介

松井 正文
まつい まさふみ 
1950年 長野県に生まれる.信州大学繊維学部卒業,京都大学大学院理学研究科博士課程中退.京都大学助手・助教授・教授などを歴任.前 日本爬虫両棲類学会会長.主な著書に『両生類の進化』(東京大学出版会),『カエル−水辺の隣人』(中公新書),『動物系統分類学第9巻下B2 脊椎動物(IIb2)爬虫類II』(中山書店),『外来生物クライシス』(小学館)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


姉妹書
『これからの両棲類学』
これからの爬虫類学


『これからの鳥類学』
これからの鳥類学

(品切れ中)

この著作者の本
『脊椎動物の多様性と系統』
脊椎動物の多様性と系統


関連書籍
『ヒキガエルの生物学』
ヒキガエルの生物学


『動物の生態』
動物の生態


『動物の系統分類と進化』
動物の系統分類と進化


『動物行動の分子生物学』
動物行動の分子生物学


『マダガスカルの動物』
マダガスカルの動物



教科書をお探しの先生方へ


生物学
生物学:動物学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.