裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『大学演習 工業熱力学(三訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


大学演習 工業熱力学(三訂版)

慶應義塾大学名誉教授 工博 谷下市松 編/ 
青木成文・青木 弘・内田秀雄・植田辰洋・川下研介・斎藤 孟・柴山信三・谷下市松 執筆

A5判/362頁/定価4320円(本体4000円+税8%)/1959年4月
ISBN978-4-7853-8023-6 (旧ISBN4-7853-8023-3)

 簡潔ながら充実した基礎事項の説明により,他書を参照することなく問題を解き進み,学習が進められるよう配慮されている.
 高専・大学における教科書・参考書としてばかりでなく,現場で活躍する技術者にとっても有用な一書.

【目 次】

『大学演習 工業熱力学(三訂版)』 カバー
0 SI単位について
 0.1 これまで用いられてきた単位系
 0.2 これから用いられる国際単位系(SI)
 0.3 圧力,エネルギおよび動力(仕事率)の単位の換算

1 温度,熱量および熱力学の第一法則
 1.1 温度
 1.2 熱量と比熱,混合温度
 1.3 熱力学の第一法則と熱の仕事当量
 1.4 内部エネルギ,第一法則の式
 1.5 エンタルピ,定常流に対する一般エネルギ式
 1.6 可逆変化の際にする仕事
 1.7 可逆変化に対する第一法則の式
 例題
 演習問題
 問題解答

2 理想気体
 2.1 理想気体の状態式
 2.2 理想気体の比熱,内部エネルギ,エンタルピ
 2.3 理想気体の状態変化(可逆変化の場合)
 2.4 理想気体の状態変化(不可逆変化の場合)
 2. 5 混合気体の性質
 例題
 演習問題
 問題解答

3 熱力学の第二法則
 3.1 熱力学の第二法則
 3.2 サイクルとその熱効率,動作係数
 3.3 カルノーサイクルの性質,熱力学的温度
 3.4 エントロピ
 3.5 固体,液体および理想気体のエントロピ
 3.6 不可逆変化によるエントロピの増加
 3.7 サイクルにおける有効エネルギと無効エネルギ
 3.8 最大仕事と最小仕事
 3.9 エクセルギとアネルギ
 3.10 理想気体の可逆的混合と分離
 例題
 演習問題
 問題解答

4 熱力学の一般関係式
 4.1 一般関係式の導き方
 4.2 エネルギの式から導かれる一般関係式
 4.3 比熱に関する一般関係式
 4.4 内部エネルギおよびエンタルピに関する一般関係式
 4.5 絞り膨張と自由膨張の際の冷却効果
 4.6 体膨張係数と圧縮係数
 4.7 相の変化とクラペイロン式
 例題
 演習問題
 問題解答

5 一般流体(蒸気)
 5.1 ガスと蒸気
 5.2 蒸気の一般的性質
 5.3 蒸気の熱量的状態量
 5.4 蒸気の状態式
 5.5 蒸気線図
 5.6 蒸気の状態変化
 例題
 演習問題
 問題解答

6 気体の流れ
 6.1 流れの基礎方程式
 6.2 気体の流れの一般的性質
 6.3 ノズル内の流れ
 6.4 小さな圧力差に基づく流れ
 6.5 管内の流れ
 例題
 演習問題
 問題解答

7 蒸気原動機のサイクル
 7.1 ランキンサイクル
 7.2 再熱サイクル
 7.3 再生サイクル
 例題
 演習問題
 問題解答

8 内燃機関およびガスタービンのサイクル
 8.1 内燃機関のサイクル
 8.2 定容(燃焼)サイクル(オットーサイクル)
 8.3 定圧(燃焼)サイクル(ディーゼルサイクル)
 8.4 複合(燃焼)サイクル(サバテサイクル)
 8.5 3種のサイクルの比較
 8.6 内燃機関の実際のサイクル
 8.7 内燃機関のサイクルと性能計算式
 8.8 ガスタービンのサイクル
 例題
 演習問題
 問題解答

9 圧縮機および送風機のサイクル
 9.1 圧縮機の種類とエネルギ式
 9.2 すきまのない一段圧縮機
 9.3 すきまのある一段圧縮機(往復圧縮機)
 9.4 多段圧縮機
 9.5 圧縮機の所要動力と効率
 例題
 演習問題
 問題解答

10 冷凍機およびヒートポンプのサイクル
 10.1 概説
 10.2 冷媒
 10.3 蒸気圧縮冷凍機
 10.4 吸収冷凍機
 10.5 蒸気噴射冷凍機
 例題
 演習問題
 問題解答

11 湿り空気とその応用
 11.1 湿り空気
 例題
 演習問題
 問題解答

12 伝熱
 12.1 熱伝導
 12.2 熱貫流(熱通過)
 12.3 熱伝達(対流伝熱)
 12.4 熱放射
 例題
 演習問題
 問題解答

13 燃焼
 13.1 反応熱とヘッスの法則
 13.2 発熱量
 13.3 完全燃焼に必要な酸素量と空気量
 13.4 乾き燃焼ガスの組成と燃料組成および空気比との関係
 13.5 燃焼ガス温度
 13.6 化学反応の速度と質量作用の法則
 例題
 演習問題
 問題解答

14 原子エネルギ
 14.1 原子の構造,質量およびエネルギ
 14.2 中性子と断面積
 14.3 原子燃料,出力,熱発生量
 14.4 原子炉の臨界条件と中性子束分布
 14.5 原子炉内の温度分布
 例題
 演習問題
 問題解答



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.