裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『バイオレオロジー(改訂改題)』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

物理科学選書 7 
バイオレオロジー(改訂改題)

在庫マーク

国立循環器病センター研究所名誉所長 理博 岡 小天 著

A5判/306頁/定価4950円(本体4500円+税10%)/1984年8月発行
ISBN 978-4-7853-2408-7 (旧ISBN 4-7853-2408-2)  C3042

 本書は1974年6月に刊行した『レオロジー』(物理科学選書)の改訂改題版。
 バイオレオロジーで扱われる対象は非常に広範囲にわたるが、さかんに研究されているのは血液・血管に関するバイオレオロジー、すなわちヘモレオロジーである。本書は紙面の関係もあり、ヘモレオロジーに限ることにした。また、旧版にはなかったいくつかの新しい章──赤血球の変形能、血液の電気的性質、赤血球沈降速度、血管壁の電気的性質、血管壁の透過性、臨床ヘモレオロジー──を設け、内容を一新した。
 医学系の読者諸氏を念頭に置き、現象の本質の理解を重視し、数式は最小限に止めた。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.レオロジーとバイオレオロジー
2.レオロジーの概念
3.循環
4.血液の粘度
5.赤血球の変形能
6.血液の電気的性質
7.赤血球沈降速度
8.微小循環
9.血管壁の電気的性質
10.血管のレオロジー
11.拍動流
12.血管壁の透過性
13.臨床ヘモレオロジー
14.最適原理と血管の分岐
余談14話

著作者紹介

岡 小天
おか しょうてん 
1907年 東京都に生まれる。旧制第一高等学校卒業、東京帝国大学理学部卒業。東京帝国大学助手、大阪帝国大学講師・助教授、小林理学研究所主任研究員・理事、学習院大学教授、東京都立大学教授、慶応義塾大学教授、杏林大学客員教授、国立循環器病センター研究所長などを歴任。主な著書・訳書に『レオロジー』(裳華房)、『誘電体詩』『固体誘電体詩』(以上 岩波書店)、ハイトラー著『科学と人間』(共訳、みすず書房)、フローリ著『高分子化学 上・下』(共訳、丸善)などがある。

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)



教科書をお探しの先生方へ


物理学
物理学:生物物理


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.