裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『物理化学』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店
有隣堂
TSUTAYA

取り扱い書店一覧


電子メール・アイコン

物理化学

在庫マーク

元 東京大学助教授 理博 前川恒夫 著

A5判/288頁/定価3190円(本体2900円+税10%)/1985年11月発行
ISBN 978-4-7853-3025-5 (旧ISBN 4-7853-3025-2)  C3043

 量子化学の基礎と化学熱力学に内容をしぼり込み、基礎理論を可能な限りていねいに、詳しく解説した。


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.序論
2.量子論のなりたち
3.原子 周期律
4.化学結合 分子
5.物質の状態 分子間力
6.熱力学第1法則
7.熱力学第2法則 エントロピー
8.Gibbsエネルギー 化学ポテンシャル
9.多相平衡 非電解質溶液
10.反応熱 化学平衡
11.電解質溶液
12.化学電池
13.化学反応速度

詳細目次

まえがき

1.序論
 1.1 元素 原子量 分子量
 1.2 国際単位系
 問題

2.量子論のなりたち
 2.1 Planckのエネルギー量子仮説(1900年)
 2.2 Einsteinの光量子説(1905年)
 2.3 原子モデルと水素原子の発光スペクトル
 2.4 de Broglieの物質波(1923年)
 2.5 波動-粒子二重性 量子論的粒子の特性
 2.6 Schrödinger方程式
 2.7 物質量の期待値 古典力学との対応
 2.8 時間を含まないSchrödinger方程式 定常状態
 問題

3.原子 周期律
 3.1 水素原子
 3.2 多粒子系のSchroedinger方程式
 3.3 多電子原子(多電子イオン)
 3.4 Pauliの排他原理
 3.5 元素の周期表
 3.6 原子の電子配置と周期律
 問題

4.化学結合 分子
 4.1 水素分子
 4.2 共有結合の物理的意味
 4.3 VB法とMO法
 4.4 等核2原子分子
 4.5 異核2原子分子
 4.6 $\rm{H_2O}$ と $\rm{NH_3}$ の結合
 4.7 $\rm{C}の結合 混成オービタル
 4.8 水素結合
 4.9 配位結合
 4.10 分子スペクトル
 問題

5.物質の状態 分子間力
 5.1 理想気体 熱力学的温度
 5.2 理想混合気体
 5.3 理想気体の分子運動論
 5.4 van der Waalsの状態式
 5.5 気体の液化
 5.6 結晶
 問題

6.熱力学第1法則
 6.1 状態量 平衡状態
 6.2 内部エネルギー 第1法則
 6.3 準静的変化 圧力による仕事
 6.4 熱容量 エンタルピー
 6.5 理想気体に関するいくつかの問題
 問題

7.熱力学第2法則 エントロピー
 7.1 熱機関 可逆Carnotサイクル
 7.2 第2法則の現象論的表現
 7.3 Clausiusの式
 7.4 エントロピー
 7.5 第2法則のエントロピーによる表現
 7.6 エントロピーの具体例
 問題

8.Gibbsエネルギー 化学ポテンシャル
 8.1 均一な閉じた系の無限小変化 Gibbsエネルギー
 8.2 化学ポテンシャル
 8.3 平衡条件
 問題

9.多相平衡 非電解質溶液
 9.1 不均一系の平衡条件 Gibbsの相律
 9.2 純物質の相平衡 相転移 状態図
 9.3 理想溶液
 9.4 希薄溶液
 9.5 実在溶液 活量
 9.6 2成分系の気-液平衡と状態図
 問題

10.反応熱 化学平衡
 10.1 反応熱
 10.2 標準生成エンタルピー
 10.3 反応熱の温度変化
 10.4 反応熱と結合エネルギー
 10.5 化学反応の進む方向
 10.6 化学平衡の条件
 10.7 気相反応の化学平衡
 10.8 気相を含む不均一系の化学平衡
 10.9 標準生成Gibbsエネルギー
 10.10 溶液中の化学平衡
 10.11 質量作用の法則のまとめ 標準状態
 10.12 平衡移動の法則
 問題

11.電解質溶液
 11.1 電気伝導
 11.2 電解質溶液の束一性
 11.3 電解質溶液の化学ポテンシャル
 11.4 弱電解質溶液の電離平衡とpH
 問題

12.化学電池
 12.1 可逆電池の起電力
 12.2 半電池
 12.3 起電力の熱力学的意味 標準起電力
 12.4 液間電位 塩橋
 12.5 標準電極電位
 12.6 起電力の温度変化
 12.7 pHの測定
 問題

13.化学反応速度
 13.1 反応速度
 13.2 1次反応
 13.3 2次反応
 13.4 複合反応
 13.5 定常状態近似
 13.6 反応速度の温度変化
 問題

付録1 変分法
付録2 偏微分と完全微分
付録3 Kelvinの原理とClausiusの原理
付録4 熱力学第3法則 標準エントロピー
付録5 エネルギー等分配則
問題解答
索引

著作者紹介

前川 恒夫
まえかわ つねお 
1934年 長崎県に生まれる。東京大学理学部卒業。東京大学助手・助教授などを歴任。主な著書・訳書に『物理化学』(裳華房)、フランゼン/ガーシュタイン著『解説 基礎化学熱力学』(共訳、培風館)などがある。

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)


この著作者の本
『基礎演習シリーズ 物理化学』
基礎演習シリーズ
物理化学


関連書籍
『ステップアップ 大学の物理化学』
ステップアップ
大学の物理化学


『大学生のための 物理化学』
大学生のための
物理化学


『標準 基礎化学』
標準 基礎化学



教科書をお探しの先生方へ


化学
化学:物理化学


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業125周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.